« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月25日 (土)

鳥見歩る記*武蔵嵐山2009.7.20

2009072060 

200920 10時40分~15時50分 晴

国蝶オオムラサキを求めて武蔵嵐山オオムラサキの森へ行ってきた。

東武東上線武蔵嵐山駅から歩いて約15分、オオムラサキの森に着くと他にも多くの人が集まって来ていた。

先ず、情報を仕入れようと活動センターに立ち寄ってみたが、担当者がパトロール中とのことで、留守のためパンフレットだけ頂いた。

センターを出るとジャコウアゲハがいた。

そこにはウマノスズクサが植えてあって花も咲いていた。

雑木林の中で最も目についたのはハグロトンボでどこにも飛び回っていた。

林の一角で昼飯を食べているとタマムシが飛んできて幹に止まってくれた。

出会う人にオオムラサキの情報を聞いて、オオムムラサキが集まる樹の場所を教えてもらった。

4ヶ所のクヌギを回って、そのうち3ヶ所でオオムラサキを見ることができた。

しかし、オオムラサキは翅を閉じたままで樹液を吸っていて、なかなか翅を開かず、飛び立つ直前と飛んで来て幹に止まった直後に表翅の綺麗な模様が観察できるという状況であった。

この場所は菅谷城の跡地で残っている土塁にヤマユリが満開となっていた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

メジロ   

イカル   

スズメ   

オナガ   

ハシボソガラス   

ガビチョウ          

アオスジアゲハ   

アカタテハ          

イチモンジチョウ             

オオムラサキ      

キチョウ             

キマダラセセリ   

クロヒカゲ          

コチャバネセセリ             

ゴマダラチョウ   

コミスジ             

ジャコウアゲハ   

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメジャノメ      

アカシジミ          

ベニシジミ          

モンキチョウ      

ヤマトシジミ      

ウスバキトンボ   

オオシオカラトンボ          

ショウジョウトンボ          

ハグロトンボ      

ツクツクボウシ   

ニイニイゼミ      

ミンミンゼミ      

カナブン             

タマムシ             

アキノタムラソウ             

ウマノスズクサ   

エンジュ             

オトコエシ          

オニドコロ          

カラスウリ          

キツネノカミソリ             

シンミズヒキ      

セリ    

ツユクサ             

ノカンゾウ          

ノハラアザミ      

ヒメジョオン      

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ          

ヤブカンゾウ      

ヤマユリ             

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川町田んぼ2009.7.17

200907172 

200917日、105分~11時57分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

梅雨空で雨模様であったが、カウントを始めたら薄日が射してきた。

ツバメが田んぼの上を低く飛んでいる。

飛んでいる虫をとっているのだろう。

畦の草を刈っていた農園主に聞くと今年はマムシがやけに多いので気をつけるようにと言われた。

しかし、マムシに出会うことはなかった。

ヤマユリ、ヤブマオ(写真)、ヒヨドリバナなどが咲き出した。

イヌゴマ、ニガクサ、チダケサシなどの花は盛りを過ぎていた。

ウスバキトンボが田んぼで産卵行動をしていた。

ハグロトンボが出回ってきた。

ミヤマカワトンボは岸辺に止まっていた。

ニイニイゼミは声と抜けがら、ヒグラシはシイタケのホダギが置かれている暗い林で姿を確認。

小さなアマガエルが田んぼで目立つ。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              1

キジバト              2

ツバメ    4

キセキレイ           3

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              18

ウグイス              2

エナガ    2

シジュウカラ       14

メジロ    12

ハシボソガラス    7

ハシブトガラス    5

コジュケイ           2

ガビチョウ           6

アオスジアゲハ    1

オオチャバネセセリ           5

キチョウ              10

クロアゲハ           1

スジグロシロチョウ           15

ダイミョウセセリ              3

ツバメシジミ       1

ツマグロヒョウモン           1

ベニシジミ           1

ミスジチョウ       3

ムラサキシジミ    1

モンシロチョウ    20

ヤマトシジミ       2

ウスバキトンボ    10

オオシオカラトンボ           10

シオカラトンボ    4

ハグロトンボ       5

マユタテアカネ    1

ミヤマカワトンボ              1

ムギワラトンボ    3

ニイニイゼミ       10

ヒグラシ              10

アマガエル           多い

アキノタムラソウ             

イヌガラシ          

イヌゴマ             

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オオバギボウシ   

オニドコロ          

クズ      

ケキツネノボタン             

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリ    

タケニグサ          

チダケサシ          

ツメクサ             

ドクダミ             

ニガクサ             

ヌスビトハギ      

ノハラアザミ      

ハキダメギク      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

ミゾカクシ          

ミツバ   

ヤブカンゾウ      

ヤブマオ             

ヤマノイモ          

ヤマユリ             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.07.16

20090716g

200916日、9時00分~9時46分  29℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

東京は梅雨が明けて昨日に続く猛暑となった。

桜並木はニイニイゼミが勢ぞろいの感で隙間無く声が聞こえてきた。

上智大グランド土手には今日もジャコウアゲハ成虫メスが1頭、産卵場所を探すような飛び方をしていた。

クズが開花。

アキカラマツも開花(写真)

弁慶濠ではコサギが1羽、浅瀬で採餌中。

ツバメ1羽は上智大学グランドの上空を飛翔。

赤坂見附外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫のツバメの巣は73日は抱卵中でしが、本日は孵化直後の雛が巣中にいた。

管理人に聞くと雛は4羽いるとのこと。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コサギ    1

ツバメ    1

ツバメ外堀通り    2

メジロ    4

スズメ外堀通り    1

スズメ    10

ハシブトガラス外堀通り    2

ハシブトガラス    4

ドバト    2

ドバト外堀通り    4

ボート    2

アオスジアゲハ    1

ジャコウアゲハ    1

ヒメウラナミジャノメ       1

コシアキトンボ    4

ニイニイゼミ       20

アカミミガメ       6

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アキカラマツ      

ウイキョウ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オッタチカタバミ             

カイコウズ          

カタバミ             

キョウチクトウ   

クコ      

クサギ   

クズ      

タケニグサ          

タチアオイ          

ツユクサ             

ハキダメギク      

ハルタデ             

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヤブカンゾウ      

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

鳥見歩る記*大菩薩峠・嶺登山2009.7.11-12

20090712

200911~12日

職場の仲間と4人で大菩薩峠、嶺に行ってきた。

初日は塩山駅からバスで裂石に行き、上日川峠経由勝縁荘の奥の武蔵ヒュッテに泊。

二日目は大菩薩峠から大菩薩嶺を経て雷岩から唐松尾根道を下った。

初日、雲峰寺の前で昼飯を食べているとキセキレイが綺麗な声で歓迎してくれた。

歩き出すと今度はホオジロがさえずってくれた。

集落の道にコムラサキが下りて羽を広げていた。

上日川峠までのコースで第1展望台でオオルリの声を聞く。

上日川峠を過ぎると鋭い鳴き声が聞こえてきた。

樹下の笹原を疾走するシカであった。

夕方暗くなりだすとマミジロの声がよく聞こえてきた。

翌朝、大菩薩峠に向かう途中ではホトトギスが2羽以上で騒がしいくらいに鳴いていた。

ウグイスが変な声を出していた。

もしかしたらホトトギスに托卵されたのだろうか。

沢筋ではコマドリとミソサザイが競演のごとく鳴き交わしていた。

大菩薩峠で一休みしているとウラジロモミのてっぺんにビンズイがやって来てさえずり出した。

大菩薩峠から大菩薩嶺までの間は、お花畑が見事なところであるが、今年は花が殆どない。

どうも増え過ぎたシカが原因らしい。

登山道の岩の隙間にわずかにイワオトギリとニョホウチドリの花が気休め程度にあっただけ。

雷岩で食べたスイカはとても美味しかった。

帰路はアオバトの声を聞くことができた。

ギンリョウソウ、ナツツバキ、ヤマボウシの咲く裂石までの道を下り、大菩薩の湯につかって疲れを癒すことができた。

写真の真ん中に映っているモミの木のてっぺんにビンズイが止まってさえずっています。

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオバト             

ホトトギス          

アカゲラ             

コゲラ   

キセキレイ          

ビンズイ             

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

コマドリ             

ルリビタキ          

マミジロ             

アカハラ             

ウグイス             

メボソムシクイ   

オオルリ             

エナガ   

コガラ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

ホオジロ             

カケス   

ハシブトガラス   

アサギマダラ      

クロヒカゲ          

コムラサキ          

コミスジ             

スジグロシロチョウ          

ミスジチョウ      

ヤマキマダラヒカゲ          

エゾハルゼミ      

シカ      

イワオトギリ      

ギンリョウソウ   

ナツツバキ          

ニョホウチドリ   

ノリウツギ          

ホタルブクロ      

ヤマボウシ          

| | コメント (0)

見歩る記2009.7.10(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20090710 

200910日、11~1125分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

岡田建材に営巣中のツバメは1羽が巣に出入りしていた。

これとは別の場所の国道16号「南町」信号付近で1羽のツバメが飛んでいた。

しかしこのあたりでは巣は見かけない。

JR八王子駅北口前の広場では都会議員選挙の立会い演説が行われ、大勢の人が集まっていた。

写真は北口駅前の東急スクエアビル。

観察した鳥は以下のとおりです。

ツバメ    2

スズメ    2

ハシブトガラス    2

ドバト    5

| | コメント (0)

2009年7月9日、7時45分~7時58分 曇

20090709

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

スズメがあちこちで目立った。

カワラヒワが駅近くになって3羽飛んで来て街路樹のイチョウに止まった。

駅前の上空にはイワツバメが飛翔していて、ツバメも少し離れて4羽飛んでいた。

先月観察したツバメの巣は空になっていた。

メジロを2ヶ所で観察。

クチナシの花がほぼ終わり、代わってムクゲ、ノウゼンカヅラ、カンナ、ビヨウヤナギが咲いていた。

写真は南口駅前のビル工事現場です。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              2

ツバメ    4

イワツバメ           12

ヒヨドリ              4

メジロ    4

カワラヒワ           3

スズメ    16

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

鳥見歩る記*青梅丘陵ハイキングコース2009.7.8

20090708

2009日、 1030分~130分

読売文化センター野鳥講座、今月は青梅丘陵ハイキングコースを歩いた。

梅雨の真っ最中で雨の中の探鳥になってしまった。

スタートの青梅駅前広場にはツバメの他にイワツバメが乱舞ほどではないが飛び交い、よく見るとその中にヒメアマツバメが2羽混じっていた。

駅前広場には梅が2本植わっていてその株元にキジバトが来ていた。

青梅鉄道公園からハイキングコースに入ると先ずウグイスのさえずりあり、雨の中喉を震わせて鳴いていた。

このコースはキビタキが多く、よく鳴いているが姿を探すのは難しい。

クロツグミも3ヶ所で声を聞いたが姿は無し。

イカルは綺麗な声だけでなくかろうじて飛んでいる姿を見ることができた。

雨の中、暗い谷からはトラツグミの声を聞いたという参加者もいた。

期待していたホトトギスは後半にようやく現れた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

ホトトギス

ヒメアマツバメ

コゲラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

トラツグミ

クロツグミ

ウグイス

キビタキ

エナガ

ヒガラ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

イカル

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ガビチョウ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2009.7.7

20090707_2

200945~140  

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

蛇滝林道に入るといきなりアサギマダラに連結飛翔が現れた。

トンボでは連結飛翔は珍しくないが、蝶の交尾中の飛翔は珍しいのではないか。

この日アサギマダラはあちこちで観察され計で11頭を数えた。

帰路1号路の11丁目茶屋の付近ではアジサイの花で吸蜜している個体もあった。

アジサイの花にも蜜があるのだろうか。

ミヤマカラスアゲハも綺麗な姿を3ヶ所で見せてくれた。

陸生のオオオバボタルの飛翔を5か所で観察できた。そのうち1ヶ所では葉に止まってくれたので写真を撮ることができた。

ツツドリが場所を変えて近く、遠くで鳴いてくれた。

帰路1号路の下の方ではホトトギスの声も認められた。

キビタキの声を8ヵ所で確認できたが全て声だけで、姿は見せてくれない。

オオルリは2ヶ所だったが4号路深山橋ではモミの木で鳴く姿が確認できた。

帰路著名な植物専門家に会い、アオスズランの花を鑑賞できるお相伴にあずかることができた。

20090707_3

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト              2

ツツドリ              1

ホトトギス           1

コゲラ    2

ツバメ    4

ヒヨドリ              18

ウグイス              10

キビタキ              8

オオルリ              2

エナガ    2

ヒガラ    10

ヤマガラ              10

シジュウカラ       9

メジロ    20

イカル    4

ハシブトガラス    8

ドバト    3

アサギマダラ       11

キチョウ              1

スジグロシロチョウ           1

スミナガシ           1

ヒカゲチョウ       1

ヒメアカタテハ    2

ミヤマカラスアゲハ           3

ルリタテハ           1

ウスバキトンボ    1

カワトンボ           2

サナエトンボsp              1

ニイニイゼミ      

アオスズラン      

アカショウマ      

ウマノアシガタ   

ウマノミツバ      

オオバギボウシ   

オオバジャノヒゲ             

タニタデ             

タマアジサイ      

テイカカズラ      

ドクダミ             

ハエドクソウ      

ムラサキニガナ   

ヤブコウジ          

ヤブラン             

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2009.7.7

20090707 

2009日、00分~45分 晴 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

カジカガエルが最初の一声だけで、その後は聞くことができなかった。

川ではカワセミが1羽出現、ミヤマカワトンボが少し目立ち、コオニヤンマも出てきた。

その河原にはミゾホオズキが黄色い花を着けていた。

また、アヒルのペアーも来ていた(写真)。

ガビチョウが巣材のようなものを銜えて前を横切っていった。

オナガが1羽飛んで行ったが後続がなかった。

群で移動するオナガにしては珍しい。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カワセミ              1

コゲラ    4

ツバメ    8

キセキレイ           3

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              20

ウグイス              5

ヤマガラ              2

シジュウカラ       18

メジロ    3

スズメ    2

ムクドリ              9

オナガ    1

ハシボソガラス    1

ハシブトガラス    3

コジュケイ           2

ガビチョウ           5

アヒル    2

クロヒカゲ           1

スジグロシロチョウ           1

ヒカゲチョウ       1

ベニシジミ           1

オオシオカラトンボ           1

コオニヤンマ       1

ミヤマカワトンボ              5

ニイニイゼミ       0

カジカガエル       1

クロコノマチョウ              1

アカショウマ      

ウシハコベ          

ウマノアシガタ   

ウマノミツバ      

オカトラノオ      

オニドコロ          

キササゲ             

ギンレイカ          

クサノオ             

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

ツユクサ             

ドクダミ             

ヌスビトハギ      

ノカンゾウ          

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハグロソウ          

ヒメジョオン      

ヒメヒオウギズイセン      

ヒヨドリバナ      

ヒルザキツキミソウ          

ホタルブクロ      

ママコノシリヌグイ          

ミズヒキ             

ミゾホオズキ      

ムラサキカタバミ             

ムラサキシキブ   

ヤブガラシ          

ヤブカンゾウ      

ヤブジラミ          

ヤブラン             

ユキノシタ          

ヨウシュヤマゴボウ          

リュウノヒゲ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川口中学1年野鳥観察2009.07.06

20090706

2009年7月6日、雨 12時30分~13時45分 

川口中学校1年生の野鳥班に対する野鳥観察指導。

毎年今頃要請がある。

場所は同校近くの川口川。

今日は生憎の梅雨空で雨が降ったり止んだりの天気。

それでも雨の中、中止にしないというので、学校を出発。

雨のため、いつものフィールドスコープを持って行くわけにいかない。

生徒たちは双眼鏡を持っていない。

残念ながら野鳥観察には最悪の条件だ。

学校から川口川までの間でツバメの巣が1つあり、ネットでカラス対策をしているところを説明。

巣立ち直前と見られる4羽のヒナが巣中にいた。

親ツバメが近くの田んぼで採餌している姿を観察。

川口川ではカルガモのペアーが何組かいたが、子連れはいなかった。

カワセミが2羽一緒にいるところが観察でき、なんとか観察会らしくなったが、雨のため早めに教室に帰り、残った時間は室内で野鳥の話を聞いてもらった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

アヒル

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川口川上流ホタル蛙調査2009.7.5

2009 晴 

川口川上流部と上川口小学校裏の田んぼを調査しました。

627日は日向橋から下流を行ったので、今日は日向橋(三光院入り口)から上流を歩いて調査した。

上流部には今年も多くはないがホタルがそれなりに観察された。

特に新開戸橋~重忠橋では、ゲンジボタル7頭、ヘイケボタル3頭が観察されたが、ここでヘイケボタルは初めてでないかと思われる。

上川口小学校裏の田んぼはゲンジボタル約10頭、ヘイケボタル約30頭とヘイケボタルがそれなりに確認できたが、今年はカエルの声が少なく、寂しかった。

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2009.7.4

20090704

200974日、38分~1057分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

モズの親子がいた。

元気な巣立ちヒナがよく鳴いていた。

ヒバリがさえずっていた。

ハグロトンボが竹藪のようなところにいた。

羽化直後の個体と思われる。

オギの原にはカバキコマチグモの巣が作られていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コゲラ    1

ヒバリ    1

ツバメ    10

ヒヨドリ              6

モズ       2

ウグイス              2

オオヨシキリ       3

セッカ    1

シジュウカラ       2

ホオジロ              2

スズメ    7

ムクドリ              4

コジュケイ           4

ガビチョウ           4

キチョウ              5

ツバメシジミ       1

トラフシジミ     1

ヒメウラナミジャノメ       15

ベニシジミ           5

カノコガ              1

オニヤンマ           1

ギンヤンマ           3

コシアキトンボ    6

シオカラトンボ    3

ハグロトンボ       6

ムギワラトンボ    1

カバキコマチグモ              0

ゴマダラカミキリ              3

アカツメクサ      

ウシハコベ          

サンカクイ          

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ママコノシリヌグイ          

ヤブガラシ          

ヤブカンゾウ      

ヤブジラミ          

ワルナスビ          

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

鳥見歩る記*高月水田 2009.7.4 

20090704  

2009年7月4日、18分~1分 

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

今年もアイガモが放されている田んぼが3ヶ所あり、元気なアイガモの子供たちが動きまわっていた。

カワセミが畦から田んぼに飛び込み採餌、何かを捕ったようであるが特定できない。

カワセミは他に2羽は溜池の中にもいた。

稲の植わっている田んぼでダイサギ10羽、コサギ4羽に混ざって1羽のアマサギが採餌。

ウスバキトンボを初認した。

今年もアジア方面から戻ってきたものでしょうか。

写真のものは単独ですが、稲の植わっている田んぼの上を連結飛翔をしているものもいた。

ミヤマアカネの羽化直後と見られる個体が3匹稲の葉に止まっていた。

ミヤマチャバネセセリがヤブカンゾウの花に来ていた。

ヤマカガシが田んぼの中を泳ぐようにすいすいと進んでいった。

カルガモが田んぼのあちこちに降りていた。

セグロセキレイの親子連れ(親1+子3)が田んぼにいた。

ツバメ、ハクセキレイ、スズメ、シジュウカラも親子連れが来ていた。

メジロ2羽は屋敷林のシラカシにいたもの。

200907041 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アマサギ              1

ダイサギ              10

コサギ    5

アオサギ              2

カルガモ              30

トビ       2

コチドリ              1

キジバト              1

カワセミ              3

ツバメ    22

キセキレイ           1

ハクセキレイ       7

セグロセキレイ    7

シジュウカラ       6

メジロ    2

スズメ    40

ムクドリ              28

ハシボソガラス    11

ドバト    20

キチョウ              2

ツバメシジミ       2

ナミアゲハ           1

ヒメウラナミジャノメ       2

ヒメジャノメ       1

ベニシジミ           13

モンシロチョウ    45

ヤマトシジミ       7

ウスバキトンボ    30

ギンヤンマ           5

コシアキトンボ    2

シオカラトンボ    20

ミヤマアカネ       3

ムギワラトンボ    3

             

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ          

ウシハコベ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オッタチカタバミ             

オヘビイチゴ      

カタバミ             

コウゾリナ          

コヒルガオ          

シロツメクサ      

スズメノヒエ      

セイヨウタンポポ             

ツユクサ             

トキワハゼ          

ノボロギク          

ハキダメギク      

ハナカタバミ      

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ブタナ   

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

モジズリ             

ヤブカンゾウ      

ヨウシュヤマゴボウ          

ワルナスビ          

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.07.03

20090703

2009日、9時分~9時0分  22 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

上智大グランド土手に草地にジャコウアゲハがいました。

ウマノスズクサが生えているのでしょうか。

残念ながら写真は撮れませんでした。

代わりにベニシジミの写真をとりました。

ほぼ同じ場所に今年もコシアキトンボ約10匹が現れました。

上智大グランドの上空ではツバメ1羽が飛んでいた。

紀乃国坂信号付近の歩道脇にウイキョウが咲いていました(写真)。

赤坂見附外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫のツバメの巣は613日に5羽ヒナが巣立ったとのことであったが、その巣とは別の巣(蛍光灯傘の上)が622日に造巣中でありました。

管理人に聞くと、今この巣は抱卵中であるとのことでした。

20090703_2 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ外堀通り    1

ツバメ    2

シジュウカラ       2

メジロ    4

スズメ外堀通り    4

スズメ    12

ハシブトガラス    2

ハシブトガラス外堀通り    3

ドバト外堀通り    4

ボート    1

アオスジアゲハ    3

クロアゲハ           2

ジャコウアゲハ    1

ナミアゲハ           1

ベニシジミ           1

コシアキトンボ    10

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アキノタムラソウ             

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オッタチカタバミ             

カタバミ             

キョウチクトウ   

クコ      

コセンダングサ   

コマツヨイグサ   

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

タチアオイ          

ツユクサ             

ノアザミ             

ハキダメギク      

ハルタデ             

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

モジズリ             

ヤブガラシ          

ヤブカンゾウ      

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川口川ホタル蛙調査2009.6.27

20097 曇 

川口川の日向橋(三光院入り口から川口川橋(国道16号)を、1950分~22時5分、2時間15分、自転車でホタル、カエルの生息状況を調査しました。

2001年からの毎年のこの時期の調査で、川口川は上流の日向橋あたりまではゲンジボタルを確認していましたが、それより下流では未確認でした。

しかし、今年は観音橋~川中新橋、川中新橋~山王橋、山王橋~駒形橋でゲンジボタルを確認し、さらに下って高尾橋~大正橋でも1頭観察できました。

ごくわずかですが、北浅川、南浅川と同じように川口川でもゲンジボタルの下流域への復活の兆しが見えてきたような気がします。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »