« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2009.6.27

20090627jc

200927日、晴 8時40分~11時10

第11回カワセミ会ジュニアクラブ探鳥会。

コースは浅川右岸堤防を北野町のエコひろば裏から国道16号バイパス新浅川橋まで行って、この橋を渡り左岸を長沼橋まで往復するコース。

浅川に出るとセグロセキレイの親子が水辺にいて、その近くにイカルチドリが2羽いた。

このイカルチドリ2羽は幼鳥のようであるがはっきりしない。

モズが水浴した後らしく、小さな木の枝で羽を干しながら羽繕いをしていた。

このモズは成鳥で6月末とういう季節で未だ山に登らず平場に残っているのかという感じである。

セッカのさえずり飛翔が気になるが姿を確認できない。

カワセミも今日は声だけで姿を見せてくれない。

長沼橋上流側の堤防と用水路に挟まれは池のような湿地ではバンの親子(親1+雛2)が観察できた。バンの繁殖である

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

コサギ

アオサギ

カルガモ

バン

イカルチドリ

キジバト

カワセミ

ヒバリ

ツバメ

イワツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ウグイス

セッカ

シジュウカラ

メジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガビチョウ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*湯殿川ホタル蛙調査2009.6.26

200926 曇 

湯殿川の西明神橋上流側(御霊神社上流)から下流の大橋(小比企町)、由井三小環境学習水田と山田川の月見橋付近を、1950分~2210分、約2時間半、自転車でホタル、カエルの生息状況を調査しました。

2001年からの調査で、湯殿川では今までにホタルを確認していませんでしたが、館町の御霊神社付近で今年(2009年)河川工事していてその上流にはホタルがいるという情報がありました。

行ってみると御霊神社付近は大規模な河川工事中で、その上流側の西明神橋上流側に2羽のゲンジボタルがいましたが、そこから下流では1頭も観察できませんでした。

また、カジカガエルも観察できませんでした。

小比企町(北野街道沿い、聖パウロ病院南)の由井三小環境学習水田では、田んぼに田植えはされていましたが、今年は時期が早いのか期待したヘイケボタルは観察できませんでした。

| | コメント (0)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵、台只沼谷戸2009.06.26

20090626

2009年6月26日、曇 8時00~11時20分 

宇津貫の台、只沼谷戸と丘陵地の野鳥定期カウント。

谷戸でヤブカンゾウが開花した。

ニガナの花の裏には交尾したベニシジミが止まっていた(写真)。

ウグイスがさえずり、ホトトギスの声も聞こえてきた。

ウグイスが繁殖しているのであろう。

オオタカは幼鳥を確認。

カワラヒワの巣立つ直前か直後と思われる雛の死体が1羽歩道に落ちていた。

スズメ2羽が電柱の変圧器を固定するアームの管にいた(写真)。

営巣するのだろうか。

20090626_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ              1

オオタカ              1

キジバト              1

ホトトギス           1

コゲラ    1

ツバメ    25

キセキレイ           3

ハクセキレイ       9

ヒヨドリ              16

ウグイス              4

シジュウカラ       5

メジロ    9

カワラヒワ           3

スズメ    22

ムクドリ              13

オナガ    5

ハシボソガラス    1

ハシブトガラス    6

ドバト    2

ガビチョウ           17

アヒル    1

キマダラセセリ    1

クロヒカゲ           10

スジグロシロチョウ           15

ツバメシジミ       5

ナミアゲハ           1

ヒカゲチョウ       5

ヒメウラナミジャノメ       3

ベニシジミ           7

モンキチョウ       1

ヤマトシジミ       1

アカツメクサ      

イヌガラシ          

ウシハコベ          

ウツボグサ          

オオバコ             

オカトラノオ      

カタバミ             

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

ツユクサ             

トキワハゼ          

ドクダミ             

ニガナ   

ネムノキ             

ノアザミ             

ハエドクソウ      

ヒメヒオウギズイセン      

ヒメヤブラン      

ヒルガオ             

ヒルザキツキミソウ          

ホタルブクロ      

ムラサキシキブ   

モジズリ             

ヤブカンゾウ      

ヨウシュヤマゴボウ          

リュウノヒゲ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*南浅川ホタル蛙調査2009.6.24

200924 曇 

南浅川の小仏川・案内川合流点から東横山までの間、1930分~2137分、約2時間自転車でホタル、カエルの生息状況を調査しました。

南浅川の下流のどこまでホタルが復活したかが、ここ数年の最大の課題で、2008年までは南浅川橋まででしたが、今年は東横山橋まで、わずかではあるがゲンジボタルを確認できました。

この日は北浅川に行った前日(623日)と比べ気温が低かったためか、ホタルの数が少なかったが、北浅川と比べ南浅川は照明がいたるところにあって明る過ぎること、コンクリート護岸が多すぎることなどでホタルの数が少ないのではないかと思われました。

それにしても昨年よりさらに下流までのホタルの復活は喜ばしいことです。

| | コメント (0)

2009年6月29日 (月)

鳥見歩る記*小宮公園2009.6.24

20090624

20094  1625分~1750

夕方活動するというミドリシジミの観察をねらって小宮公園に出かけた。

ウグイス、ガビチョウがさえずっていた。

萌芽更新中で未だ背が低いコナラの明るい林にねらいを定めて、ここで待つことにした。

オカトラノオが群落になって咲いていて、この花にチャバネセセリ、イチモンジセセリ、スジグロシロチョウが来ていたので写真を撮ることができた。

絵になる構図である。

17時過ぎ素早く動く小さなチョウを見つけた。

ミズイロオナガシジミである。

ようやくオニドコロの蔓に止まってくれたところを撮ることができた(写真)。

オオミドリシジミは見つけることができなかったが、ミズイロオナガシジミに出会えたことを良しとした。

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

スズメ   

ムクドリ             

オナガ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

イチモンジセセリ             

キチョウ             

スジグロシロチョウ          

チャバネセセリ   

ツバメシジミ      

ミズイロオナガシジミ      

ウマノミツバ      

オオバギボウシ   

オカトラノオ      

クマノミズキ      

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

チダケサシ          

ドクダミ             

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

ホタルブクロ      

モジズリ             

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*片倉城跡公園、集いの森2009.6.23

20090623

200923  1440分~1710

片倉城跡公園の林内でコゲラ、二の丸広場でツバメに出会い、この公園と畑を挟んで西側に造成中の集いの森公園(2010年春開園予定)に行った。

目当てはカワウの巣である。

ここにカワウの巣が一つ有り、先月観察した時は巣中に小さな雛が1羽顔を出しているのが観察された。

たぶん八王子でのカワウの営巣は初めてではないかと思われる。

公園内の調整池縁のミズキに営巣、巣が一つあり、巣中というか巣の上と周りに巣立ったと思われるヒナ7羽がいて、その直ぐ近くに親と思われる個体が2羽(5月22日の観察時は巣中のヒナが1羽しか見えていなかった)。

1巣だけで集団営巣にはなってないが、この家族とは別に数羽のカワウがいた。

近くでホオジロがさえずっていた。

帰路日影の道で小さなヘビ、ヒバカリに出会った。

首の部分の白い模様が目立ったのでヒバカリとした。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ   

キジバト             

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

キチョウ             

クロアゲハ          

スジグロシロチョウ          

ナミアゲハ          

ヒカゲチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマトシジミ      

オオシオカラトンボ          

ハラビロトンボ   

ヒバカリ             

アカバナユウゲショウ      

ウマノミツバ      

オカタツナミソウ             

オカトラノオ      

オニノヤガラ      

クマノミズキ      

コセンダングサ   

タケニグサ          

ドクダミ             

ネムノキ             

ハエドクソウ      

ヒメジョオン      

ビロードモーズイカ          

ホタルブクロ      

ムラサキシキブ   

ヤブカンゾウ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.06.22

20090622 

200922日、9時分~9時40分  23 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

梅雨空で霧雨がちらつく天気。

上智大学グランド土手でヤブガラシ、タケニグサが咲き出した。

弁慶濠でもタケニグサがあり、写真は弁慶橋袂で撮ったものである。

赤坂見附外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫のツバメの巣は管理人に聞くと、613日に5羽ヒナが巣立ったとのことであった。

その空巣のもう一つ奥の蛍光灯傘の上に別の巣を造巣中で1羽の親ツバメが来ていた。

外掘通り赤坂2丁目の赤坂国際ビルの前のカイコウズが咲きだした。

同じく小松ビル前の街路樹のコケモモは熟れた未が歩道上に多数落ちていた。

20090622_2 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カワウ    2

ツバメ外堀通り    1

ヒヨドリ              2

シジュウカラ       2

メジロ    4

スズメ外堀通り    3

スズメ    8

ハシブトガラス外堀通り    3

ハシブトガラス    4

ドバト外堀通り    1

ドバト    4

モンシロチョウ    1

アカミミガメ       1

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アカメガシワ      

イヌホオズキ      

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオバコ             

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

オニノゲシ          

カイコウズ          

カタバミ             

コマツヨイグサ   

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

タチアオイ          

ツユクサ             

ドクダミ             

ノアザミ             

ハキダメギク      

ハルタデ             

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘラオオバコ      

モジズリ             

ヤブガラシ          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

鳥見歩る記*川町田んぼ2009.6.19

20090619

200919日、9時55分~11時10分 晴 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

田んぼにオタマジャクシが多い。

2種類いる。

大きいのと小さいので、ヤマアカガエルとヒキガエルかも知れないが識別はできない。

ギンヤンマが飛んでいた。

今年の初認である。

キセキレイの親子連れがいて、親は大きなトンボを銜えていた。

田植えの終わった田んぼにカルガモ1羽が飛びこんできて雑草を食べるアイガモのような仕草をしていた。

20090619_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              3

コゲラ    1

ツバメ    10

キセキレイ           5

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              10

ウグイス              2

エナガ    2

シジュウカラ       2

ホオジロ              2

スズメ    1

ハシボソガラス    6

ハシブトガラス    6

コジュケイ           2

ガビチョウ           4

キチョウ              3

ツバメシジミ       4

ツマグロヒョウモン           2

ナミアゲハ           2

ヒメウラナミジャノメ       1

ベニシジミ           8

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    30

ギンヤンマ           1

シオカラトンボ    6

ハラビロトンボ    10

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ          

イヌホオズキ      

ウシハコベ          

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オオバコ             

オオバジャノヒゲ             

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

オヘビイチゴ      

カタバミ             

クリ      

ケキツネノボタン             

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

ツユクサ             

ドクダミ             

ニガナ   

ハキダメギク      

ハハコグサ          

ヒメジョオン      

ホタルブクロ      

ミゾカクシ          

ミミナグサ          

モジズリ             

ワルナスビ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高麗川(坂戸市)2009.6.17

20090617

200917日、晴 1030分~140分

読売文化センター野鳥講座。

今月は東武東上線で坂戸まで行き、高麗右岸を上流に向かいに万年橋から一本松駅まで歩いた。

河原のヨシ原でオオヨシキリのさえずりあり、姿を探したらヨシ原を見下ろせるヤナギに止まっていた。

その近くでホオジロもさえずっていた。

取水堰でササゴイを探すと予想とおり1羽が来ていた。

ウグイスのさえずりがあるので、ホトトギスを期待したがこちらは空振りに終わってしまった。

ホトトギスはいないのか、それとも鳴かないのか不明である。

ここでもガビチョウは多く、あちこちで声を聞くだけでなく、姿も確認した。

ハクセキレイが近くまで来てくれた(写真)。

キジが時々鳴くが姿は見えない。

季節がらツバメ、ヒバリ、ムクドリ、スズメ、ハシボソガラス、シジュウカラの巣立ち雛を確認できた。

中でも空から降りてきたヒバリの親の直ぐ近くにヒバリの巣立ち雛を認めた時は感動的であった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

ササゴイ

ダイサギ

カルガモ

キジ

キジバト

コゲラ

ヒバリ

ツバメ

イワツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

オオヨシキリ

セッカ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

コジュケイ

ガビチョウ

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

鳥見歩る記*青梅丘陵ハイキングコース2009.6.14

20090614h

200914日、晴 25分~120分

青梅丘陵ハイキングコースを歩いた。

出発地の青梅駅前広場の上空にはツバメ約10羽が飛翔、念のためイワツバメも混じっていないか確認したが、全てツバメであった。

鉄道公園方面に向けて歩き出すとキセキレイの繁殖期独特の綺麗なさえずりが屋根の上から聞こえてきた。

鉄道公園前を左折してハイキングコースに入って直ぐ、道はY字路になっていた。

メインコースの左側の広い道を行く。

ここに看板があり、宮の平駅まで90分トイレがないとい表示されていた。

ウグイス、シジュウカラのさえずりがよく聞こえる。

イカルが「蓑笠欲しい」と鳴きながら近づいてきた。

キビタキが2ヶ所で鳴いているが姿は見せてくれない。

このコースは尾根伝いに車道ではないが、広い山道が整備され、第一展望台、第二、第三展望台を過ぎて、第四展望台に至り、宮の平駅に下るもので、起伏は緩やかで歩きやすく、案内板もあちこちにある。

第二休憩所でガビチョウの声が聞こえてきた。

ここで休んでいるとオオミドリシジミが3頭、素早い卍飛翔をしていた。

光るような青い色が綺麗だ。

時々葉に止まるが直ぐ飛び立ってしまい、写真をうまく撮れない。

第二休憩所を過ぎると道は下りになる。

むらさめ橋でホトトギスの声を聞く。

さらに進みヒノキの植林された森でアオバトの声が聞こえてきた。

第四休憩所を過ぎて宮の平駅へ向かう道に入るとコゲラが出てきた。

サワギクの可憐な花が咲いている。

山の中でホオジロ2羽を見かけたが何故か全く鳴かない。

ハイカーやウオーキング、ランニングなど多くの人に出会い、キビタキにも5回ほど出会った鳥見歩きであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

アオバト

ホトトギス

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

キビタキ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

イカル

スズメ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ガビチョウ

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2009.6.13

20090613

2009131122分~125分 晴 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

オオルリは蛇滝沢と4号路つり橋の所の2ヶ所しか声を聞けなかったがキビタキは9か所で声を聞くことができた。

ツツドリ、ホトトギスも声をきけた。

特にいろはの道と1号路出会いの所ではツツドリが前上で鳴いてくれた。

サンコウチョウも2ヶ所で声を確認できた。

ヤブサメの声が確認できたが、センダイムシクイは確認できなかった。

ガビチョウの餌運びを観察できた。

どこかで営巣している模様である。

ヤマアジサイがあちこちで花を開いていた。

テイカカズラ、マタタビも花がよくめだち、ヨウラクラン、ムヨウランの花も観察できた。

1号路の一番下に小さな砂防用ダムがあるが、この堰堤にカルガモ2羽が来てゆっくり休んでいた。

高尾山頂東側のコナラの幹には毎年樹液を求めて多数の昆虫がやってくる。

このコナラに1頭のアカボシゴマダラが来ていた(写真)

他に来ていたのはスミナガシ2頭、ルリタテハ1頭、オオスズメバチ2匹などでした。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

カルガモ              2

キジバト              1

ツツドリ              2

ホトトギス           1

コゲラ    6

ツバメ    2

キセキレイ           2

ヒヨドリ              30

クロツグミ           2

ヤブサメ              3

ウグイス              11

キビタキ              9

オオルリ              2

サンコウチョウ    2

エナガ    5

ヒガラ    6

ヤマガラ              16

シジュウカラ       4

メジロ    22

イカル    4

ハシブトガラス    16

ガビチョウ           22

アカタテハ           1

アサギマダラ       4

コミスジ              1

スジグロシロチョウ           3

スミナガシ           3

ダイミョウセセリ              1

ヒメジャノメ       1

ミスジチョウ       1

ルリタテハ           1

トカゲ    1

オオカギバ           1

オオトラフコガネ              1

アカボシゴマダラ              1

イヌガラシ          

ウツギ   

ウリノキ             

オニタビラコ      

ギンリョウソウ   

ギンレイカ          

ケキツネノボタン             

サワハコベ          

シラキ   

スイカズラ          

テイカカズラ      

ドクダミ             

ハエドクソウ      

マタタビ             

ムヨウラン          

メキシコマンネングサ      

ヤブムラサキ      

ヤマアジサイ      

ユキノシタ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2009.613

20090613m

200913日、15分~1122分 晴 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

遠くで鳴いていたホトトギスが小仏川の通称「ふかんど」の所で真じかに来てくれた。

蛇滝橋の一つ下流側の名前のない小さな橋の所のシラキが満開で、アサギマダラ2頭、イチモンジチョウ1頭、チョウのように綺麗な蛾1頭、スメバチなどが吸蜜に来ていた(写真)。

この花は地味であるが蜜はかなりあるらしい。

カワトンボは未だあちこちで目についたが、先月より数は減っていた。

今月はミヤマカワトンボを観察できた。

カジカガエルの声も前月よりは減ったように感じられた。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

ホトトギス           1

コゲラ    4

ツバメ    10

キセキレイ           6

ヒヨドリ              20

ウグイス              4

シジュウカラ       6

メジロ    8

カワラヒワ           2

スズメ    2

オナガ    3

ハシボソガラス    4

ハシブトガラス    2

ガビチョウ           2

釣り人    1

アサギマダラ       4

イチモンジチョウ              1

キチョウ              4

コミスジ              1

スジグロシロチョウ           12

テングチョウ       1

ヒメウラナミジャノメ       5

ヒメジャノメ       2

モンシロチョウ    15

カワトンボ           10

ダビドサナエ       1

ミヤマカワトンボ              5

カジカガエル       14

アカショウマ      

イヌガラシ          

イモカタバミ      

ウシハコベ          

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

カタバミ             

キササゲ             

ギンレイカ          

クサイチゴ          

クサノオ             

クリ      

コウゾリナ          

コセンダングサ   

シラキ   

セイヨウタンポポ             

ツユクサ             

テイカカズラ      

ドクダミ             

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヒルザキツキミソウ          

ヘビイチゴ          

マタタビ             

マメグンバイナズナ          

ムラサキカタバミ             

メキシコマンネングサ      

ヤマゼリ             

ヤマホタルブクロ             

ユキノシタ          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

鳥見歩る記*戸吹保全緑地2009.6.7

20090607 

2009日、晴 45分~130分

戸吹保全緑地で3回目の補足調査を実施した。

ウグイス、シジュウカラ、メジロがよくさえずっていた。

ホトトギスの声も聞こえてきた。あちこち動きながら鳴いていた。

キビタキが先月524日と同様に3ヶ所でさえずりが聞こえてきた。

たぶん繁殖していると思われる。

テイカカズラの花が地面に落ちていた。

林の中にはヒョウモンエダシャクという綺麗な蛾が一杯いた。

ヘビ2種に出会った。

ヤマカガシは雑木林の乾いた尾根道を塞ぐように1m弱の大きな個体がじっとしていた(写真)。

ヒバカリは雑木林の水けのある細い道を塞ぐようにいた。

ミミズの大きな奴と思ったがよく見るとヘビであり、約50cmの小さくて細いヘビだった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス           1

アオゲラ              1

コゲラ    4

ヒヨドリ              25

ウグイス              2

キビタキ              3

ヤマガラ              4

シジュウカラ       4

メジロ    18

ホオジロ              2

スズメ    2

ハシブトガラス    2

ガビチョウ           12

キチョウ              1

スジグロシロチョウ           5

ヒカゲチョウ       5

ヒメジャノメ       2

モンキチョウ       2

ムギワラトンボ    1

ヤマカガシ           1

ヒバカリ              1

アカバナユウゲショウ      

イボタノキ          

オニタビラコ      

カタバミ             

コウゾリナ          

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

テイカカズラ      

ドクダミ             

ナルコユリ          

ニガナ   

ニワゼキショウ   

ノアザミ             

ヒメジョオン      

ホタルブクロ      

ムラサキカタバミ             

ムラサキシキブ   

ヤブムラサキ      

ヤブレガサ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記2009.6.4(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20090604

2009日、22~838分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

街路樹として植えられたヤマボウシの花が終わりかけていた(写真)。

ツバメは1羽飛んでいたが、先月観察された岡田建材の軒の巣には来てきなかった。

観察した鳥は以下のとおりです。

ツバメ    1

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              4

スズメ    8

ハシブトガラス    4

ドバト    10

| | コメント (0)

鳥見歩る記2009.6.3(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

20090603 

20091145~12分 

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

ナミアゲハが街路樹のハナミズキの葉の上に止まっていた。

ツバメが2ヶ所で営巣していた。

両方とも車庫で親の巣出入りが観察された。

街路樹下のアジサイが咲きだした。梅雨のシーズン到来だ。

南口駅前の高層ビル工事がかなり進んできた。

この工事が駅構内で営巣するイワツバメやヒメアマツバメに影響がなければと心配である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              6

ツバメ    4

イワツバメ           4

ヒヨドリ              2

スズメ    4

ムクドリ              4

ハシブトガラス    2

ドバト    2

ナミアゲハ           1

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.06.02

20090602 

2009日、9時分~9時40分  20 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

「紀之国坂」付近でヨウシュヤマゴボウが咲き出した。

アオサギが弁慶濠に2羽いて、1羽は赤坂御用地の方へ飛んでいった。

弁慶濠のネズミモチが咲き、アオスジアゲハが花にきていて、その近くにイトトンボ(種不明)が数匹止まっていた。

赤坂見附外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫のツバメの巣は雛が4羽いて、親が給餌に飛んできた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              2

ツバメ    5

シジュウカラ       4

カワラヒワ           2

スズメ    14

ハシブトガラス    4

ボート    2

アオスジアゲハ    1

スジグロシロチョウ           2

モンキチョウ       1

アカミミガメ       10

アカツメクサ      

アカメガシワ      

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

ガクアジサイ      

カタバミ             

タチアオイ          

ドクダミ             

ニワゼキショウ   

ネズミモチ          

ノアザミ             

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘラオオバコ      

ムラサキカタバミ             

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2009.6.1

20090601_2

2009日、1013分~1100分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

オギが成長し背丈より高くなってきた。

ウグイス、シジュウカラ、オオヨシキリ、ガビチョウがよく鳴いて(さずって)いた。

ウグイスは谷渡りの鳴き方もしていたので、営巣している模様である。

キマダラセセリがキショウブの花で吸蜜しているとことを撮影できた(写真)。

多摩川昭和堰上流側の川の中からカジカガエルの声が聞こえてきた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ           1

トビ       1

コゲラ    1

ヒヨドリ              2

ウグイス              4

オオヨシキリ       2

セッカ    1

シジュウカラ       2

メジロ    2

ホオジロ              1

ムクドリ              3

ハシブトガラス    2

コジュケイ           2

ガビチョウ           4

釣り人    3

キチョウ              3

キマダラセセリ    1

スジグロシロチョウ           1

ツバメシジミ       1

ヒメウラナミジャノメ       6

モンキチョウ       4

モンシロチョウ    2

アカミミガメ       10

ウシガエル          

トウキョウダルマガエル   

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ          

ウシハコベ          

オオバコ             

オニタビラコ      

カタバミ             

キショウブ          

ケキツネノボタン             

コマツヨイグサ   

シロツメクサ      

ハハコグサ          

ヒメジョオン      

ヘビイチゴ          

マメグンバイナズナ          

ミミナグサ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高月水田 2009.6.1 

20090601  

2009年6月1日、55分~130分 

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

田植えが始まった。

一方で片隅で作られている大麦が収穫期を迎え麦秋となっていた。

田んぼに水が入りカルガモが田んぼのあちこちに降りていた。

しかし、カルガモの繁殖行動は観察されなかった。

アオサギ1羽が田んぼで採餌していた。

セグロセキレイの親子(親1+1)がいた。

ハシボソガラスの親子(親1+1)が畦に来ていた。

ムクドリが溜池湖畔の大きな桑の木の実を食べに来ていた。

カワセミは溜池に来ていたものである。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コサギ    1

アオサギ              1

カルガモ              42

トビ       1

コチドリ              2

カワセミ              1

ヒバリ    3

ツバメ    16

ハクセキレイ       7

セグロセキレイ    3

ホオジロ              2

カワラヒワ           12

スズメ    120

ムクドリ              50

ハシボソガラス    4

ハシブトガラス    2

ドバト    20

キタテハ              2

ダイミョウセセリ              1

ツバメシジミ       2

ヒメウラナミジャノメ       1

ヒメジャノメ       1

ベニシジミ           3

モンキチョウ       3

モンシロチョウ    70

シオカラトンボ    10

ムギワラトンボ    3

トウキョウダルマガエル   

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

ウツギ   

オオジシバリ      

オオバコ             

オヘビイチゴ      

カタバミ             

カントウタンポポ             

キショウブ          

コウゾリナ          

シロツメクサ      

スイカズラ          

ツユクサ             

トキワハゼ          

ドクダミ             

ノビル   

ハキダメギク      

ハハコグサ          

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ブタナ   

ヘラオオバコ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*戸隠2009.5.30-31

20090530 

200930-31

カワセミ会の探鳥会で1泊2日の戸隠に行ってきた。

天気が雨模様であったがなんとか野鳥と花の観察ができた。

戸隠で中心となる観察場所は森林植物園、ミズバショウの花は殆ど終わっていたが、タチカメバソウの白くて小さな花が地面を飾っていた。

ラショウモンカズラもよく目立ち、ヤマシャクヤクが林間に点々生えていて見事な花を開いていた。

コサメビタキ、コルリ、アオじ、ノジコ、クロジ、アカゲラ、ニュウナイスズメ、サンショウクイ、カッコウ、ホトトギス、コムクドリなど夏鳥を観察でき、2日目の朝、髄神門でアカショウビンが出てきてくれた。

あっという間の出現で直ぐの奥の方へ行ってしまったが久し振りのアカショウビンであった。

最近、夏鳥の減少が心配されているが、戸隠もその例外でないような気がした。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ          

カルガモ             

トビ      

ノスリ   

クマタカ             

カッコウ             

ホトトギス          

アマツバメ          

アカショウビン   

アカゲラ             

コゲラ   

ヒバリ   

ツバメ   

イワツバメ          

キセキレイ          

ハクセキレイ      

サンショウクイ   

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

コルリ   

クロツグミ          

アカハラ             

ヤブサメ             

ウグイス             

センダイムシクイ             

キクイタダキ      

キビタキ             

コサメビタキ      

エナガ   

コガラ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

ゴジュウカラ      

キバシリ             

メジロ   

ホオジロ             

ノジコ   

アオジ   

クロジ   

カワラヒワ          

イカル   

ニュウナイスズメ             

コムクドリ          

カケス   

ハシブトガラス   

アオチドリ          

ウスバサイシン   

ウワミズザクラ   

オオカメノキ      

オオタチツボスミレ          

クリンソウ          

クリンユキフデ   

クルバナツクバネソウ      

クルマバナ          

コケイラン          

サイハイラン      

ズダヤクシュ      

ズミ      

タチカメバソウ   

チゴユリ             

ツクバネソウ      

ツリバナ             

ニリンソウ          

フッキソウ          

ミズバショウ      

ヤマシャクヤク   

ユキザサ             

ラショウモンカズラ          

リュウキンカ      

ルイヨウショウマ             

ルイヨウボタン   

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »