« 鳥見歩る記2008.11.6(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) | トップページ | 鳥見歩る記2008.11.10(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口) »

2008年11月24日 (月)

鳥見歩る記*多摩川の中央線鉄橋から谷地川上流2008.11.9

20081109_3

2008年11月9日 8:151035 曇

八王子・日野カワセミ会の月例探鳥会。

今月はJR日野駅に集合し、多摩川の中央線鉄橋付近から谷地川沿いに上流に向かって堤防を歩き、新旭橋から多摩川に出て、多摩大橋の手前までのコース。

初冬という季節感ぴったりの曇った寒い日であったが30名近くの会員が集まってきた。

スタート地点の多摩川にはカワウの集団が下りていて、そこにダイサギ数羽が混じっていた。

この集団は休んでいるのかどうしているのか川に入って魚を捕る行動はしていない。

谷地川の多摩川合流付近の岸辺にカワセミが止まっている。

よく見ると2羽が同じところにいる。

メスとオスのようであるが、どうも求愛行動ではなく、にらめっこというか威嚇しあっている。

双方の縄張りの境界争いかもしれない。いつまでも続けているので、我々は前に進む。

冬鳥のシメが到着していた。

カシラダカも来ていた。

オナガの群が通過。

川原の2ヶ所でアワコガネギクが黄色い花を咲かしていた。

また、葉が無いツルに小さな白い花を着けている草を見つけた。

ネナシカズラの仲間か、種不明である(写真)。

20081109_4

終着地は通称瓢箪池といわれているところ。

ガマが進出してきて以前より開放水面が減ってしまった。

釣りの人が数人きている。

カイツブリを見ているとクイナが現れ、そこにイタチも出てきた。

空にはミサゴが横切って飛んで行き、ハヤブサも飛んで来た。

ガビチョウはあちこちに姿を見せ、鳴き声をあげていたが、瓢箪池の対岸のヤナギにカオグロガビチョウも現れた。

寒かったが風は無かったので野鳥たちとの出会いを楽しむことができた半日であった。

観察した鳥は以下のとおりです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

コガモ

ミサゴ

トビ

ハヤブサ

キジ

クイナ

イソシギ

キジバト

カワセミ

コゲラ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ジョウビタキ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

カシラダカ

アオジ

カワラヒワ

シメ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシブトガラス

コジュケイ

カオグロガビチョウ

ガビチョウ

|

« 鳥見歩る記2008.11.6(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) | トップページ | 鳥見歩る記2008.11.10(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥見歩る記2008.11.6(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) | トップページ | 鳥見歩る記2008.11.10(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口) »