« 鳥見歩る記*宇津貫丘陵、台只沼谷戸2008.11.23 | トップページ | 鳥見歩る記*自然体験講座~八王子城跡とその周辺を歩く~2008.11.29 »

2008年11月30日 (日)

鳥見歩る記*川町田んぼ2008.11.24

20081124

20081124日、25分~10分 晴 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

田んぼの畦にツグミが1羽、コゲラが谷を鳴きながら横切る。

30羽以上のカシラダカが草むらに来ていて賑やか。

その群にホオジロも混じっていた。

田んぼの畦を歩いているとフワフワとユキムシが飛んで来た(写真)。

数えたら18匹。

ユキムシは通称で、農作物の害虫ワタアブラムシの一種、それが羽化したものだそうである。

毎年これが飛ぶと冬の始まりを感じる。

一方で田んぼにはタナツケバナやナズナなど早春の草が既に花を着けているので面白い。

雑木林にはウスタビガの繭がぶら下がっていた。

先月は杉の木にスズメバチの大きな巣が一つあったが、今月はその近くの木にもう一つ巣ができていて、巣穴からハチが出入りしていた。

おそらくコガタスズメバチであろう。

20081124_2 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コゲラ    1

キセキレイ           1

ハクセキレイ       2

ヒヨドリ              12

モズ       2

ルリビタキ           2

ジョウビタキ       1

シロハラ              1

ツグミ    1

ウグイス              2

エナガ    10

シジュウカラ       2

ホオジロ              10

カシラダカ           40

アオジ    1

カワラヒワ           5

ハシブトガラス    4

ユキムシ              20

ウスタビガ 2008             繭1

イヌガラシ          

ウシハコベ          

タネツケバナ      

ナズナ   

ノハラアザミ      

ハハコグサ          

|

« 鳥見歩る記*宇津貫丘陵、台只沼谷戸2008.11.23 | トップページ | 鳥見歩る記*自然体験講座~八王子城跡とその周辺を歩く~2008.11.29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥見歩る記*宇津貫丘陵、台只沼谷戸2008.11.23 | トップページ | 鳥見歩る記*自然体験講座~八王子城跡とその周辺を歩く~2008.11.29 »