« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月24日 (金)

鳥見歩る記*宮ヶ瀬ダムから三増2008.10.22

20081022

2008年10月22日 11:1515:00 晴 

丹沢の宮ヶ瀬ダムから服部牧場、志田峠を経由して三増合戦石碑が立つ三増集落へのハイキングコースを歩いた。

このコースは関東ふれあいの道の一部で、三増集落は、北条氏康と甲斐の武田信玄が山中で山岳戦を行い武田勢が北条軍を敗走させた場所として知られている所。

服部牧場(写真)でワシタカが旋回、サシバかなと思い双眼鏡で確認するとオオタカであった。

モズがあちこちの木のテッペンで縄張りを宣言していた。

志田峠付近は山の中、カケスの声やヤマガラの声、ブッシュではウグイスの笹鳴きもあった。

しかし、いたるところでガビチョウが出現、ここもガビチョウの世界になってしまっていた。

三増集落の手前の開けた草状のところで2羽のホオジロに出会いホットした。

観察した鳥は以下のとおりです。

トビ      

オオタカ             

キジバト             

アオゲラ             

ハクセキレイ      

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

モズ      

ジョウビタキ      

ウグイス             

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

カケス   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

アズマヤマアザミ             

カラスウリ          

シラヤマギク      

シロヨメナ          

セイタカアワダチソウ      

ノコンギク          

ヤクシソウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.10.20 

20081020 

20081020日、9時0分~9時38分 19℃ 晴れ

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

地下鉄四谷駅の改札口を出るといきなりシジュウカラの声が聞こえてきた。

今日は桜並木でもシジュウカラがあちこちで出没510羽を数えた。

ヒヨドリも騒がしい。

弁慶濠の紀の国坂交差点近くのクスノキにコゲラ1羽。

弁慶濠ではカワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギとカルガモ3羽。

上智大グランド土手にはアキアカネ約10頭が飛んでいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カワウ    1

ダイサギ              1

コサギ    1

アオサギ              1

カルガモ              3

コゲラ    1

ヒヨドリ              24

シジュウカラ       10

メジロ    2

スズメ    4

ムクドリ              2

ハシブトガラス外堀通り    2

ハシブトガラス    10

ヤマトシジミ       5

アキアカネ           10

アカミミガメ       6

イヌタデ             

イヌホオズキ      

イノコズチ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オシロイバナ      

オッタチカタバミ             

カゼクサ             

カタバミ             

カナムグラ          

カラタチ             

コセンダングサ   

ススキ   

セイタカアワダチソウ      

セイヨウタンポポ             

チカラシバ          

チヂミザサ          

ツユクサ             

ツルドクダミ      

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

メヒシバ             

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵、台只沼谷戸2008.10.19

20081019

2008年10月19日、晴 8時00~11時25分

宇津貫の台、只沼谷戸と丘陵地の野鳥定期カウント。

宇津貫みどりの会のメンバーがJR八王子みなみ野駅に4名集まった。

兵衛川に沿って歩き出すと片倉城跡公園方面から4羽のカラスに追われたチョウゲンボウが現れ、頭上で1羽になってJR八王子みなみ野駅の方へ飛んで行った。

只沼谷戸でガビチョウがブッシュに飛び込んだらそこにいたモズが突然騒ぎ出した。

カワセミが兵衛川を下流から上流に向かって一直線に飛んで行った。

ヨモギの中からカンタンの声が聞こえてきた。

ホタルガの成虫が1頭飛んでいたが、こんな秋にもホタルガが出るのだろうか。

日当たりのいい斜面に始めてみるマメ科の花と鞘をつけた株があった。

外来種であろうか。

ゴンズイが実をつけていた(写真)

コース最後の熊野神社では山栗を一杯拾った。

秋のお土産である。

観察した野鳥などは以下の通りです。

チョウゲンボウ    1

キジバト              6

コゲラ    1

キセキレイ           1

ハクセキレイ       12

セグロセキレイ    3

ヒヨドリ              35

モズ       5

エナガ    14

ヤマガラ              3

シジュウカラ       14

メジロ    18

スズメ    26

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    12

ドバト    1

ガビチョウ           12

ウラギンシジミ    1

ウラナミシジミ    15

キタテハ              10

キチョウ              5

チャバネセセリ    2

ヒメアカタテハ    2

ベニシジミ           5

モンキチョウ       10

ヤマトシジミ       15

アキアカネ           10

オニヤンマ           1

ミヤマアカネ       10

ホタルガ              1

カンタン             

アカツメクサ      

アキノゲシ          

アメリカセンダングサ      

アレチヌスビトハギ          

イシミカワ          

イヌタデ             

オオイヌタデ      

オオニシキソウ   

オギ      

オトコエシ          

カタバミ             

カナムグラ          

カヤツリグサ      

キクイモ             

キツネノマゴ      

クコ      

クズ      

ゲンノショウコ   

コセンダングサ   

ゴンズイ             

サルトリイバラ   

ジュズダマ          

シロツメクサ      

シロヨメナ          

ススキ   

セイタカアワダチソウ      

ツユクサ             

ノコンギク          

ノハラアザミ      

ノブドウ             

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

フユノハナワラビ              胞子葉

ヘクソカズラ      

ベニバナボロギク             

ミズヒキ             

ミゾソバ             

ヤクシソウ          

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

ヨシ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2008.10.18

20081018

200810月18日、晴 8時00~11時00分

第4回カワセミ会ジュニアクラブ探鳥会。

コースは浅川右岸堤防エコひろば裏から長沼橋まで下り、同橋を渡って左岸堤防を新浅川まで歩き、同橋を渡ってエコひろばに戻る周回コース。

中学生1名、3人の6年生と2組の親子が集まってきた。

アオサギ3羽が川原にじっと立っていて(1本足で)、じっくり観察できた。

ハクセキレイ、セグロセキレイ、イシシギなどをみているとビンズイが北野公園方面から飛んできて川原に降りた。

渡り途中のノビタキがいるのではないかと探すと川原のオギが生えているところで見つけることができた。

スズメもいたがよく見ると2羽のノビタキを確認できた。

長沼橋の上から丸石川原にいるはずのイカルチドリを探すと5羽がいた。

幼鳥のようなものもいて今年巣立ったヒナ連れのファミリーかも知れない。

カワセミとも2回の出会いがあった。

ワンドのようなところからの2羽の飛び出し飛翔と川べりから魚をねらう1羽のカワセミ。

ニセアカシアの枝にはオオタカの幼鳥が止まっていた。

子供達が選んだベストはオオタカ、ハクセキレイ、カワセミ、カワラヒワ、イカルチドリであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ

カルガモ

コガモ

トビ

オオタカ

イカルチドリ

イソシギ

キジバト

カワセミ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ビンズイ

ヒヨドリ

モズ

ノビタキ

シジュウカラ

メジロ

カワラヒワ

スズメ

ハシボソガラス

ドバト

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川町田んぼ2008.10.17

20081017 

200810月1日、分~10分 晴 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

稲の刈取ったトンボにハクセキレイがいたので、それを見ているとノビタキ1羽が現れた。

南の国へ帰る渡り途中のものと思われる。

田んぼの脇の雑木林に入るとコガタスズメバチの大きな巣が杉の木にぶら下がっていた。

巣ではスズメバチが盛んに動きまわっている。

同じ雑木林ではウバユリ群落の実が大きく稔っていた。

見事である。

モズも木の梢で高らかに秋をつげてくれた。

稲の収穫作業をしていた当農園主の話では去る105日に屋敷内の柿の木にツキノワ熊が出て赤外線カメラがキャッチしたとのこと、市役所や猟友会との対応で大変だったと話していた。

20081017_2 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              3

アオゲラ              1

キセキレイ           3

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              25

モズ       2

ノビタキ              1

エナガ    10

シジュウカラ       4

メジロ    2

スズメ    30

カケス    1

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    10

ガビチョウ           6

ウラナミシジミ    4

オオチャバネセセリ           4

キタテハ              10

ツマグロヒョウモン           5

モンキチョウ       10

モンシロチョウ    14

ヤマトシジミ       5

オニヤンマ           1

ナツアカネ           40

ミヤマアカネ       15

ツクツクボウシ   

エンマコオロギ   

アキノウナギツカミ          

アキノゲシ          

イヌガラシ          

イヌタデ             

エノコログサ      

オオバコ             

オトコエシ          

カントウヨメナ   

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

ゲンノショウコ   

コセンダングサ   

シロツメクサ      

ススキ   

セイタカアワダチソウ      

セイヨウタンポポ             

チカラシバ          

チヂミザサ          

ツリフネソウ      

ノハラアザミ      

ノブキ   

ハキダメギク      

ミゾソバ             

メナモミ             

メヒシバ             

ヤクシソウ          

ヤマゼリ             

ユウガギク          

| | コメント (0)

鳥見歩る記2008.10.16(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20081016

20081016日、738~754分 晴れ 

コースは八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

秋晴れの素晴らしい天気、ハシブトガラス2羽が道を横切って飛んでいった。

他はスズメと路上に出されたゴミの袋をねらうハシボソガラス程度であった。

観察した鳥は以下のとおりです。

ヒヨドリ              2

スズメ    7

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    3

ドバト    20

| | コメント (0)

鳥見歩る記*北本自然観察公園2008.10.15

20081015

2008年10月15日 11:1515:00 晴 

読売文化センターの野鳥講座で今月は北本自然観察公園に行った。

案内書によると、北本自然観察公園は埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園と説明されている。

昔の農林省農事試験場がつくばに移転した後の跡地である。

先ずモズに出迎えを受ける。

姿は見えないがカケスがあちこちで鳴き叫んでいる。

湿地では既に花が終わっている絶滅危惧所タコノアシを観察。

雑木林ではエナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、コゲラが混ざるカラ類の混群に何回出会う。

これを見ていると首が痛くなってしまう。

女郎グモがいたる所で網を張っている。

雑木林の一角に赤く輝く実を参加者の一人が見つけてくれた。

どうもハダカホオズキらしい。

最後の観察舎の2階に上がり池を覗くと運良くカワセミが来ていて観察会を締めくくることができた。

観察した鳥は以下のとおりです。

アオサギ

マガモ

カルガモ

コガモ

ハシビロガモ

キジバト

カワセミ

アオゲラ

コゲラ

ヒヨドリ

モズ

エナガ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

スズメ

カケス

ハシブトガラス

| | コメント (0)

鳥見歩る記2008.10.14(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

20081014  

20081014日、7時36~7時55分 曇  

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

街路樹のハナミズキが赤い実を着け、ヒヨドリがその実を食べるのかハナミズキの木に止まって騒いでいた。

夕方になると赤くなるというスイフヨウの花が住宅の庭に咲いていた。

写真の花は2輪白く、1輪赤いがこれは昨日のもので、この白い花も今日の夕方には赤くなると思われる。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

スズメ    8

ドバト    10

ヒヨドリ              12

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2008.10.13

20081013

20081013日、47分~103分 晴 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

野鳥の動きは川にダイビングするカワセミを観察した程度で、その他特記事項なし。

イノシシの生新しい出没跡があちこちにあった。

シラネセンキュウ、ヤマゼリ、アズマヤマアザミの花が目立つ。

サラシナショウマの白い穂状の花にアサギマダラが来ていた(写真)

ヤマカガシが草むらを横切っていった。

チョウの世界はアサギマダラの他はキタテハがめだった程度。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カワセミ              1

コゲラ    4

キセキレイ           3

ヒヨドリ              25

ヤマガラ              6

シジュウカラ       12

メジロ    2

ハシボソガラス    2

アサギマダラ       2

ウラナミシジミ    2

キタテハ              6

キチョウ              2

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    6

ヤマトシジミ       5

ホシホウジャク    5

アキノゲシ          

アズマヤマアザミ             

アメリカセンダングサ      

イヌタデ             

エノコログサ      

オヒシバ             

カゼクサ             

カタバミ             

カントウヨメナ   

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

クコ      

コセンダングサ   

サラシナショウマ             

シラネセンキュウ             

シロヨメナ          

セイタカアワダチソウ      

セイヨウタンポポ             

ダイコンソウ      

チカラシバ          

チヂミザサ          

チャノキ             

ツユクサ             

ツルヨシ             

ノブキ   

ハキダメギク      

ハナタデ             

ヒメジョオン      

ミズヒキ             

ミゾソバ             

メヒシバ             

メヤブマオ          

ヤクシソウ          

ヤマゼリ             

ヤマハッカ          

ユウガギク          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*浅川公開探鳥会2008.10.12

20081012 

2008年10月12日 晴 8時40分~11時20分 

八王子・日野カワセミ会公開探鳥会ということで一般市民にマスコミを通じて参加を呼びかけたところ、60名の参加があった。

場所は京王線長沼駅近くの浅川の長沼橋から大和田橋まで浅川堤防を約2.5km。

ノビタキが川原の枯れ枝に行儀よく止まっていた。

これから南の国へ帰る途中の一休みか。

川原にはオオタカの幼鳥も下りていた。

今年巣立った個体と思われる。

空ではタカが4羽旋回を始めた。

一瞬サシバかと思ったがチョウゲンボウであった。

これもこの付近で今年繁殖したファミリーかも知れない。

大和田橋のゴール真近か、スズメより小さな鳥2羽がオギのブッシュに飛び込んだ。

しばらく待つと出てきた別のブッシュに入ってしまった。

どうもセッカらしい。

観察した鳥は以下のとおりです。

ゴイサギ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

トビ

オオタカ

チョウゲンボウ

イカルチドリ

イソシギ

キジバト

カワセミ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ノビタキ

セッカ

シジュウカラ

メジロ

カワラヒワ

スズメ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガビチョウ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2008.10.10

20081010 

20081010日、30分~1030分 晴

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

オギが満開となっている。

そのオギの株の中からウグイスの笹鳴きが聞こえてきた。

モズの高鳴きも賑やか。

ヒヨドリの集団渡り飛翔あり。

キチョウとキタテハが目立つ(多い)。

日影でマユタテアカネとリスアカネ(写真)を確認。

アオツズラフジが青い実を一杯つけていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ       1

キジバト              1

カワセミ              1

ヒヨドリ              25

モズ       2

ウグイス              1

シジュウカラ       2

スズメ    2

ガビチョウ           2

釣り人    4

イチモンジセセリ              1

ウラナミシジミ    1

キタテハ              12

キチョウ              25

ツマグロヒョウモン           1

モンシロチョウ    3

ヤマトシジミ       5

ナツアカネ           5

マユタテアカメ    2

ミヤマアカネ       3

リスアカネ           4

アカミミガメ       4

             

アオツヅラフジ   

アカツメクサ      

アキノウナギツカミ          

アキノゲシ          

アメリカセンダングサ      

ウシハコベ          

エノコログサ      

オオイヌタデ      

オオブタクサ      

オギ      

カゼクサ             

カタバミ             

カナムグラ          

コセンダングサ   

シロザ   

ススキ   

セイタカアワダチソウ      

チカラシバ          

チヂミザサ          

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ママコノシリヌグイ          

ムラサキエノコロ             

メヒシバ             

ヤナギタデ          

ヨシ      

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

鳥見歩る記*高月水田 2008.10.10 

20091010

20081010日、10分~125分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

7割程度収穫が終わっている。

イナゴ獲りの人が3人来て一所懸命イナゴを捕まえていた。

スズメが予想より少なかった(もっと多くイルと思ったが)。

モズの高鳴き有り。

チュウサギがドジョウのような魚を捕まえて食べていた(写真)。

ナツアカネが尾つながりで盛んに空中産卵をしていて、これが刈取りの終わってない稲穂の上で目立った。

ソバが満開になっていた(写真)。

20081010 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ゴイサギ              1

ダイサギ              2

チュウサギ           2

トビ       1

オオタカ              1

キジバト              3

ハクセキレイ       4

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              2

モズ       2

シジュウカラ       2

スズメ    200

ハシボソガラス    6

ハシブトガラス    2

ドバト    15

イナゴ捕り           3

イチモンジセセリ              15

キタテハ              21

キチョウ              5

ツマグロヒョウモン           1

モンキチョウ       10

モンシロチョウ    20

ヤマトシジミ       19

シオカラトンボ    1

ナツアカネ           265

ハグロトンボ       2

ミヤマアカネ       60

エンマコオロギ   

ツヅレサセコオロゴ          

ミツカドコオロギ             

             

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アキノゲシ          

アメリカセンダングサ      

イヌガラシ          

イヌタデ             

イヌホオズキ      

イノコズチ          

エノコログサ      

オオバコ             

オオブタクサ      

カゼクサ             

カナムグラ          

カヤツリグサ      

カントウヨメナ   

キツネノマゴ      

コセンダングサ   

サクラタデ          

ジュズダマ          

シロツメクサ      

ススキ   

スズメノヒエ      

セイタカアワダチソウ      

セイヨウタンポポ             

タカアザミ          

ツユクサ             

トキワハゼ          

ハキダメギク      

ヒガンバナ          

ヒメムカシヨモギ             

ミゾソバ             

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

鳥見歩る記*上川口小学校野鳥観察支援2008.10.9

200810、845分~10分 

八王子市立上川口小学校全校野鳥観察の支援に行った。

1-2年生班、3-4年生班、5-6年生班に別れ、学校周辺に出ての観察。

秋たけなわの晴れた天気で気持ちよく歩くことができた。

ヒヨドリが集団で南西の方向へ飛んで行く姿を観察できた。

これは渡りの途中のものと思われ、鳥の渡りを学ぶずばりの教材だ。

モズの高鳴きやトビが上昇気流を捕らえて輪を描きながら飛ぶ姿も観察できた。

5-6年生の班は鳥だけでなく蝶などにも関心を示し、同行された朝日タウンズの記者は子供達が身の回りの生きものをよく知っていることに驚いていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ

カルガモ

トビ

ツミ

ノスリ

チョウゲンボウ

キジバト

カワセミ

コゲラ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ノビタキ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

スズメ

カケス

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ガビチョウ

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.10.07 

20081007g 

200810日、9時0分~9時4分 20℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木入り口のキンモクセイが満開で強烈な香りを発散していた。

そこにコゲラの声、桜並木ではシジュウカラも賑やかだ。

赤坂御用邸の塀越の方からモズの声が聞こえてきた。

紀尾井坂信号付近でコセンダングサの花にツマグロヒョウモンのオスが来ていた(

写真)。

弁慶濠にダイサギ、アオサギが各1羽。

赤坂見附交差点の気温掲示板は20℃を示し爽やかな秋の朝、しかしスズメに1羽も会わなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              1

アオサギ              1

コゲラ    1

ヒヨドリ              10

モズ       1

シジュウカラ       6

メジロ    4

ハシブトガラス    4

ハシブトガラス外堀通り    5

ドバト外堀通り    1

ドバト    4

スジグロシロチョウ           1

ツマグロヒョウモン           1

ヒメウラナミジャノメ       1

ヤマトシジミ       1

アカミミガメ       10

ジョロウグモ       0

アキノエノコログサ          

イヌガラシ          

イヌタデ             

イノコズチ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オシロイバナ      

オッタチカタバミ             

カタバミ             

カナムグラ          

キツネノマゴ      

キンモクセイ      

コセンダングサ   

スカシタゴボウ   

セイヨウタンポポ             

センニンソウ      

チカラシバ          

ツユクサ             

ツルドクダミ      

トキワハゼ          

ハキダメギク      

ハナミズキ          

ハルノノゲシ      

ヒガンバナ          

ヒメジョオン      

ヒヨドリジョウゴ             

メヒシバ             

ヤブガラシ          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2008.10.03

20081003

200810日、30分~100分 晴 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

829日の八王子集中豪雨被害で蛇滝登山道と通行止めとなっているため、1号路を上り4号路(深山橋)高尾山頂のコースで定期カウントを実施した。

ウグイスの笹鳴きが聞こえてきた。

ホーホケキョのさえずりから笹鳴きに変わったことが実感できた。

カヤの木の下にはカヤの実や実が剥かれた皮が一面に散乱していた。

犯人はカヤの実を貯食に励んだヤマガラの仕業か。

ヤマガラの姿があちこちで目についた。

アオゲラの声を3か所で聞く。

時々空を見上げたが渡り途中のサシバには遭遇できなかった。

ヤクシソウの蕾を見ているとコカマキリが1匹止まっていた。

オオヤマハコベの小さな花を撮影していると小さなガが止まっていた。

ブドウトリバガであると同行の仲間に教えていただいた。

ヒヨドリ花にはアサギマダラが来ていた。

葉がバイオリン型のタカオヒゴタイの花を撮影できた。

麓に下るとミズキの葉裏に白い鎧(体全体を細く枝上に伸びた白ロウ物質で覆われている)を着けた奇妙な幼虫が1葉に1匹づつ身をひそめていたので、とりあえず写真を撮った。

家に帰って同行の仲間から図鑑で調べたらアゲハモドキの幼虫で(体長4-5cm)あるという連絡を受けた。

よく似たものにミツクリハバチがいそうであるが、こちらは体長が約2cmといことである。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

トビ       2

キジバト              1

アオゲラ              2

コゲラ    2

キセキレイ           2

ヒヨドリ              65

ウグイス              1

ヒガラ    2

ヤマガラ              20

シジュウカラ       15

メジロ    17

カケス    1

ハシブトガラス    12

ガビチョウ           2

アサギマダラ       5

アカネ   

アズマヤマアザミ             

イヌコウジュ      

イヌショウマ      

イヌタデ             

イヌトウバナ      

エノキグサ          

オオアレチノギク             

オオバコ             

オオヤマハコベ   

オクモミジハグマ             

ガンクビソウ      

カントウヨメナ   

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

ギンミズヒキ      

ゲンノショウコ   

コアカソ             

コメナモミ          

シモバシラ          

シュウカイドウ   

シュウブンソウ   

シラヤマギク      

シロヨメナ          

シンミズヒキ      

ススキ   

セキヤノアキチョウジ      

ダイコンソウ      

タカオヒゴタイ   

タマアジサイ      

チカラシバ          

チヂミザサ          

ツユクサ             

ツリバナ             

ツリフネソウ      

ヌスビトハギ      

ノコンギク          

ノブキ   

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハナタデ             

ヒガンバナ          

ヒヨドリバナ      

ボタンズル          

ボントクタデ      

マツカゼソウ      

ミズヒキ             

ミゾソバ             

ミヤマフユイチゴ             

メナモミ             

モミジガサ          

ヤブタバコ          

ヤブマメ             

ヤブミョウガ      

ヤマゼリ             

ヤマハギ             

ヤマハッカ          

ヤマホトトギス   

| | コメント (0)

鳥見歩る記*自然交遊会in川西町2008.9.27

20080927

2008年9月27日 午後 雨・曇

 「草と闘う」とい人気ブログを展開している東京江戸川区のIさん主宰の自然交遊会が米沢盆地の川西町で開催されました。Iさんとは2005年の夏に青梅街道の柳沢峠でキャンプ中に知り合いました。自然交遊会は毎年春と秋に東京の某所Iさんが草と闘っている場所に全国から参加者集まって来て、野外で仕入れてきた材料を料理しながら食べ飲み語り合います。今回は第10回で会場を山形に移して開催。お世話いただいたのは川西町赤べこ農場でした。赤べこ農場は伊藤義隆さんが経営する専業農家で、丁度稲の収穫期でした。伊藤さんご一家のお計らいで名物芋煮会に招かれ、コンバインによる稲刈り体験などを行いました。参加者は町に住む消費者なので、お米の生産現場を直接見ることができ、生産者の方との交流が深まったのではないかと思います。

 赤べこ農場のURLは以下のとおりです。当日の模様も掲載されています。

http://blogs.yahoo.co.jp/akabeko1561

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »