« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

鳥見歩る記*箱根駒ケ岳2008.8.23

20080823

2008年8月23日 濃霧 雨

八王子・日野カワセミの探蝶・探鳥会で箱根に行ってきた。

天気予報では雨ということだったが、朝は降ってなかったので出かけた。

八王子駅に着くと参加者は雨予想の天気のためか、総勢6名であった。

箱根ロープウエイ駅の周辺にはイワツバメが飛び交っていて、未だ雨が降っていない。

ロープウエイで上にあがると気温13度、農霧で先が見えない。

神山に上り大湧谷までのハイキングコースを歩く予定であったが、途中で折り返して駒ケ岳ロープウエイで下山した。

駒ケ岳山頂で時間をとり秋に向う花を観賞できたのは救いであった。

あいにくの濃霧と小雨で、美しい蝶には逢えなかったが白い霧に包まれた駒ケ岳はそれなりの雰囲気と趣きがあり心地よい時を過ごせた。 

また、可愛いハコネギクや 輝く花火のようなシモツケソウ、力強いマルバダテブキに元気をもらえたという参加者もいた。

20080823_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト             

ツバメ   

イワツバメ         

ヒヨドリ             

ウグイス             

コガラ   

ヒガラ   

ハシブトガラス   

ソウシチョウ      

イタドリ             

ウツボグサ         

オカトラノオ      

キオン   

コウゾリナ         

シモツケソウ      

シラヤマギク      

シロヨメナ         

ダイコンソウ      

ノリウツギ         

ハコネアザミ      

ハコネギク         

マルバダケブキ   

モミジガサ         

ヤマアジサイ      

ヤマホタルブクロ             

リョウブ             

| | コメント (0)

鳥見歩る記*葛西臨海公園2008.8.20

20080820

2008年8月20日 10時15分~14時00分 晴

読売文化センターの野鳥講座で今月は葛西臨海公園の野鳥園に行った。

今月ここを選んだ理由は渡り途中のシギ類が狙いだ。

野鳥園に入るとオオヨシキリのさえずりが聞こえてきた。

オオヨシキリがいるような環境でないのに不思議と思っていたらその先にヨシ原があった。

そこには巣立ち直後のツバメファミリーがいてヨシの穂先に止まり親が運んでくる餌を待っていた。

東なぎさにはクロツラヘラサギが3羽いるという情報を居合わせたバードウオッチャーから聞いて一緒に探したが遠すぎて見つけることが出来なかった。

キアシシギとダイシャクシギがちょっと見えた程度、ウミネコの多いのには驚いた。

殆どが若い個体で、繁殖のために北へ移動しないのだろうか。

昼食後、下池に行くとセイタカシギ7羽、コチドリ5羽が来ていてじっくり観察できた。

コムクドリが営巣したという情報も教えていただいたので、探したが出あうことができなく、暑い日の鳥見であった。

20080820_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

チュウサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

スズガモ

ミサゴ

コチドリ

キアシシギ

ダイシャクシギ

セイタカシギ

セグロカモメ

ウミネコ

キジバト

ツバメ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

オオヨシキリ

スズメ

ムクドリ

ハシブトガラス

ドバト

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.08.19 

20080819 

2008年8月19日、9時01分~9時41分 曇、29℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木はミンミンゼミ、ツクツクボウシ、アブラゼミの競演で他の音は聞こえないくらい賑やか。

そんな中、ススキが穂を出し始めた。

ガガイモの花も目立つ。

紀尾井坂近くでは、昨夜咲いたと見られるカラスウリだかキカラスウリだかの花が完全にしぼんでいなかった(写真)。

弁慶濠ではダイサギ、アオサギ各1羽が採餌していた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              1

アオサギ              1

スズメ外堀通り   2

スズメ   4

ハシブトガラス   6

ドバト   1

ドバト外堀通り   1

アオスジアゲハ   3

キマダラセセリ   1

ヒメウラナミジャノメ       1

ヤマトシジミ       1

ウスバキトンボ   10

アブラゼミ          40

ツクツクボウシ   35

ミンミンゼミ       45

アカミミガメ       7

アキノエノコログサ         

イヌホオズキ      

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオイヌタデ      

オシロイバナ      

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

オニドコロ         

カイコウズ         

ガガイモ             

カラスウリ         

キョウチクトウ   

クサギ   

シロザ   

ススキ   

タチアオイ         

ツユクサ             

トキワハゼ         

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ         

ヨウシュヤマゴボウ         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*風吹大池⇒栂池2008.8.17-18

20080810 

2008年8月17-18日 晴

職場の仲間とともに夏山を歩いて来た。

白馬山の東北方向、風吹大池から風吹山荘に一泊して栂池に抜けるコース。

大糸線白馬駅下車、山荘の方が車で迎えに来てくれて、塩の道を北に進み、北野・中土というところから林道に入って山荘まで歩いて3時間という所まで車で送っていただいた。

途中ヤマドリに遭遇した。

山荘の方に道案内して頂き、急な坂を登ると一旦平坦の道に出てもう一度急坂を登って山荘に着いた。

この間、ウグイス、メボソムシクイの声がよく聞こえてきた。

案内の方の説明によるとキツネノシッポだという珍しい花に出合った。

キツネノシッポは通称ノギランのことといわれるが、これはノギランではなかった。

カニコウモリが群でいたる所に花をつけていた。

ツバメ万年青、ゴゼン橘、タケシマラン、アカモノ、サンカヨウなど全て花が終わり綺麗な実をつけていた。

山荘は我々5人の貸切。

他に訪れる人のいない静かな山だ。

翌朝5時、山荘の前をねぐらから飛び出したと思われる小鳥が素早く、一直線に横切るが薄暗くて何鳥がわからない。

6時山荘を出発する時、西の稜線に2羽の鷹が出たがこれも一瞬だったので何鷹か不明。

イワショウブが咲く湿原を抜け、風吹大池を反時計周りのコースをとった。

池周回コースを少しはずれて「神の田んぼ」に行ってみた。時期的にワタスゲの花は終わっていたが、人が殆ど入ってない自然のままの高層湿原を満喫した。

周回コースに戻り、しばらく歩くと、今度は風吹天狗原、ここも手付かずの自然が残る湿原で池塘がありモウセンゴケもある素晴らしく静かなところ。

ウソの親子連れ、アオバトの声が確認できた。

ここから千国揚尾根を約3時間歩いて栂池天狗原に出た。

ここは観光客が大勢入り過ぎて、自然破壊が進行中というか乾燥化が進んでいる。

今回の山歩きでは人が殆ど入らない自然豊かな所と人が入り過ぎて自然が単調化してしまったところの比較の旅であった。

20080811

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヤマドリ             

キジバト             

アオバト             

アマツバメ         

ツバメ   

イワツバメ         

モズ      

ウグイス             

メボソムシクイ   

コガラ   

ヒガラ   

シジュウカラ      

ウソ      

ホシガラス         

アカモノ             

イワアカバナ      

イワショウブ      

ウメバチソウ      

エゾシオガマ      

エンレイソウ      

オオイタドリ      

オクモミジバハグマ         

カニコウモリ      

キヌガサソウ      

ギンリョウソウ   

サンカヨウ         

シナノアカバナ   

シャクゾウソウ   

タケシマラン      

ツバメオモト      

ツルアジサイ      

ツルリンドウ    

ナナカマド         

ノリウツギ         

ヒオウギアヤメ   

マイヅルソウ      

ママコナ             

ミツガシワ         

ミヤマアキノキリンソウ   

ミヤマウド         

ミヤマセンニュウ             

ミヤマホツツジ   

モミジカラマツ   

ヤマハハコ         

ヤマホタルブクロ             

ユキザサ             

ワタスゲ             

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

鳥見歩る記*秋が瀬公園2008.8.16

20080816

2008年8月16日 9時30分~13時30分  晴

武蔵野線西浦和駅から歩いて秋が瀬公園に行き、下大久保からバスで京浜東北線浦和駅までのコース。

秋が瀬公園の一角が桜草自生地として有名な「田島が原」、その看板はあれどオギヨシその他の背の高い草に覆われていて、桜草が生える所とは思えないと思った(写真)。

しかし、看板を良く読んでみると夏は桜草の宿根がオギヨシなど守られていて、2月頃オギヨシが刈取られると春に桜草が目を出してくるという説明があった。

野鳥園という一角もあるが、全く手が加えらてなく、荒れ放題の状態で近づくこともできなく、野鳥の姿、声も殆ど無しの状態だった。

公園の隣の田んぼに出ると、鳥追いの爆音があってここもあまり鳥がいない。

稲は出穂していて早くも稔っている田んぼには爆音にも係らずキジバト、スズメが来て稲穂を食べていた。

ウスバキトンボが群で飛んでいて、稲の葉には可愛いアカハネナガウンカが1匹止まっていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ             

ツバメ   

セグロセキレイ   

セッカ   

スズメ   

ムクドリ             

ハシブトガラス   

アオスジアゲハ   

キチョウ             

コムラサキ         

コミスジ             

スジグロシロチョウ         

ツマグロヒョウモン         

ベニシジミ         

ヤマトシジミ      

ウスバキトンボ   

コシアキトンボ   

シオカラトンボ   

チョウトンボ      

アブラゼミ         

ツクツクボウシ   

ミンミンゼミ      

キリギリス         

アカバナユウゲショウ      

アキノエノコログサ         

イヌガラシ         

エノコログサ      

ガガイモ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

カラスウリ         

キツネノマゴ      

クサネム             

セイバンモロコシ             

タカサブロウ      

ツユクサ             

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ         

ヤブラン             

ユウガギク         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川町田んぼ2008.8.15

20080815 

2008年8月15日、8時25分~9時55分 晴

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

稲の穂が出そろい、その内の一つの穂にミヤマアカネが止まっていた(写真)。

オオシオカラトンボが連結飛翔で田んぼに産卵中。

エナガの群が谷を横断して行った。

ガビチョウの数が多く、あちこちでよく鳴いていた。

前日に雹が降ったとのことで、サトイモの葉が穴だらけになっていた(写真)。

2008081520080815

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              1

アオゲラ              2

ツバメ   2

ヒヨドリ              6

エナガ   20

シジュウカラ       4

メジロ   4

ハシブトガラス   8

ガビチョウ          10

キタテハ              2

クロアゲハ          1

クロヒカゲ          1

コミスジ              2

スジグロシロチョウ          3

ツマグロヒョウモン          1

ヒカゲチョウ       1

ヒメウラナミジャノメ       4

ヒメジャノメ       2

ヤマトシジミ       12

ウスバキトンボ   10

オオシオカラトンボ          4

シオカラトンボ   22

ハグロトンボ       4

ミヤマアカネ       2

ムギワラトンボ   6

アブラゼミ          20

ツクツクボウシ   25

ニイニイゼミ       2

ヒグラシ              10

ミンミンゼミ       15

アマガエル          多数

オジロサナエ       1

アキノタムラソウ             

イノコズチ         

ウバユリ             

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオバコ             

オニドコロ         

オモダカ             

カタバミ             

ガンクビソウ      

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

ケキツネノボタン             

ゲンノショウコ   

シロツメクサ      

スベリヒユ         

セイヨウタンポポ             

ツユクサ             

ノハラアザミ      

ハハコグサ         

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

ヘクソカズラ      

ミズヒキ             

ミゾカクシ         

ヤブガラシ         

ユウガギク         

| | コメント (0)

鳥見歩る記(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2008.8.14  

20080814 

2008年8月14日、7時35分~7時52分 晴

コースは八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

シジュウカラが南新町ちびっこひろばにいて、真夏の暑い中元気良く鳴いていた。

真夏によく似合う花といえばヒマワリが1輪、道端に咲いていた。メジロが駅近くの街路樹でこれも元気良く鳴いていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ              4

シジュウカラ       2

メジロ   2

ドバト   5

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

鳥見歩る記*陣場山から高尾山縦走2008.8.10

20080810

2008年8月10日 10時30分~19時30分 

暑い中、陣馬高原下でバスを下り、和田峠に登り高尾山から高尾山口まで縦走した。

和田峠ではホオジロのさえずりがあり、陣馬山山頂手前でカケスの鳴き声を聞いた。

山頂は草原状になっていて気持ちがいい。

そこにウグイス、ツバメ、ホオジロ、キアゲハ(写真)、オナガアゲハ、ダイミョウセセリ、ジャノメチョウなどがいて賑やかだ。

シシウド、オニユリの花が目立ち、チダケサシ、メマツヨイグサ、リュウノヒゲ、オトギリソウ、ツルニンジン、コウゾリナ、キスゲなどの花も咲いていた。

景信山では昨日落雷があったとのことで、茶店の人が「怖かった」と話していた。

小仏峠付近ではアオバトの声を聞いた。

このコース秋の野草が早くも咲き出していて、特にナンテンハギ(フタバハギ)の花があちこちで目についた。

一丁平を過ぎたところでホソバセセリ(写真)に出会い、写真を撮ることができた。

20080810_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

イカル   

カケス   

ハシブトガラス   

アオバセセリ      

アサギマダラ      

オナガアゲハ      

カラスアゲハ      

キアゲハ             

クロアゲハ         

クロヒカゲ         

コチャバネセセリ             

コミスジ             

サカハチチョウ   

ジャノメチョウ   

スジグロシロチョウ         

スミナガシ         

ダイミョウセセリ             

ツマグロヒョウモン         

ヒメジャノメ      

モンキアゲハ      

ヤマトシジミ      

ルリタテハ         

アキアカネ         

シオカラトンボ   

アブラゼミ         

ツクツクボウシ   

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

ミンミンゼミ      

ホソバセセリ      

アキカラマツ      

アキノタムラソウ             

イヌガラシ         

イノコズチ         

イラクサ             

ウツボグサ         

ウバユリ             

オオバギボウシ   

オトギリドウ      

オニドコロ         

カノツメソウ      

キクイモ             

キスゲ   

キンミズヒキ      

ギンミズヒキ      

クズ      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

コウゾリナ         

コオニユリ         

シシウド             

シラヤマギク      

シロヨメナ         

ソバナ   

ダイコンソウ      

タカトウダイ      

タケニグサ         

タマアジサイ      

チダケサシ         

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

ツルニンジン      

ナンテンハギ      

ナンバンハコベ   

ヌスビトハギ      

ノハラアザミ      

ハエドクソウ      

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

ヘクソカズラ      

ベニバナボロギク             

ボタンズル         

マツカゼソウ      

ミズヒキ             

ミツバ   

メマツヨイグサ   

ヤマノイモ         

ヤマホタルブクロ             

ユウガギク         

リュウノヒゲ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記2008.8.07(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) 

Imgp0518

2008年8月7日、7時3~7時5分 

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

シジュウカラの声が金剛院境内から聞こえてきた。

カワラヒワは2ヶ所で声。

国道16号交差点角の百日紅は今年も真夏の太陽を受けて赤く咲いていた。

街路樹の下にはカンナが咲いていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

シジュウカラ

2

カワラヒワ

4

スズメ

8

ハシブトガラス

2

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2008.8.06

20080806_2

2008年8月6日、10時25分~15時15分 晴

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

4号路つり橋を渡ったところのキジョランは大きな青い実をぶら下げていて、同じツルには花も着けていた。

実の方は昨年の花であろうか。

大きなモンキアゲハが目立った。

オナガアゲハ、カラスアゲハ、クロアゲハと繰れべモンキアゲハは一回りもふた周りも大きく、飛んだ時に紋付が目立つので鑑賞価値は充分だ。

この日であったモンキアゲハの数は17頭におよんだ。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

アオゲラ              3

コゲラ   1

ツバメ   6

ヒヨドリ              35

クロツグミ          1

ウグイス              6

キビタキ              1

ヒガラ   2

ヤマガラ              2

シジュウカラ       12

メジロ   12

イカル   4

ハシブトガラス   35

ガビチョウ          4

アオスジアゲハ   5

イチモンジチョウ              3

オナガアゲハ       10

カラスアゲハ       4

キマダラセセリ   1

クロアゲハ          11

クロヒカゲ          2

スミナガシ          1

モンキアゲハ       17

オニヤンマ          1

アブラゼミ         

ツクツクボウシ   

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

ミンミンゼミ      

ラミーカミキリ   

イラクサ             

カラスウリ         

ガンクビソウ      

キジョラン       

キンミズヒキ      

コマツナギ         

セリ    

ダイコンソウ      

タニタデ             

タマアジサイ      

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハグロソウ         

ヒヨドリバナ      

フジカンゾウ      

ヘクソカズラ      

マツカゼソウ      

マツグミ             

ミズタマソウ      

ミズヒキ             

ミツバ   

ムラサキニガナ   

ヤブガラシ         

ヤブミョウガ      

ヤマホトトギス   

ユウガギク         

リュウノヒゲ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2008.8.06

20080806

2008年8月6日、8時05分~10時7分 晴

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

歩いている道前方に黒いかたまりあり、それはカラスアゲハ、オナガアゲハ、クロアゲハ3頭が地面で何かをなめているようであった。

水がないので吸水ではなさそう。

何かミネラルのようなものを吸っているのだろうか。

少し離れた所ではアオスジアゲハとサカハチチョウも地面に降りていた。

また小仏川の岸辺のコクサギにカラスアゲハ1頭が来て産卵行動をしていた。

小仏川の流の中でヒメヒオウギズイセンが咲いていた(写真)

カウントした鳥は以下のとおりです。

カルガモ              1

キジバト              3

カワセミ              1

ツバメ   2

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              6

スズメ   10

ハシブトガラス   16

コジュケイ          2

アオスジアゲハ   2

イチモンジチョウ              2

オナガアゲハ       2

カラスアゲハ       2

キチョウ              2

キマダラセセリ   1

クロアゲハ          4

スジグロシロチョウ          2

ダイミョウセセリ              2

ヒメウラナミジャノメ       2

モンキアゲハ       3

ヤマトシジミ       8

カワトンボ          1

アブラゼミ         

ツクツクボウシ   

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

ミンミンゼミ      

アキノエノコログサ         

アキノタムラソウ             

ウバユリ             

ウマノミツバ      

オニドコロ         

カタバミ             

カラスウリ         

ガンクビソウ      

キクイモ             

キツネノカミソリ             

キンミズヒキ      

クサギ   

ケキツネノボタン             

コセンダングサ   

シオデ   

セイヨウタンポポ             

ソクズ   

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

ツユクサ             

ツルニガクサ      

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハグロソウ         

ヒメジョオン      

ヒメヒオウギズイセン      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ         

ミズヒキ             

メマツヨイグサ   

ヤブミョウガ      

ヤブラン             

ヤマノイモ         

ユウガギク         

ヨウシュヤマゴボウ         

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.08.05 

20080805

2008年8月5日、9時02分~9時45分 曇、28℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

ミンミンゼミの世界になった。

特に四谷駅近くはミンミンゼミばかり。

サクラ並木を進み紀尾井坂近くになるとニイニイゼミの声が聞こえてきた。

ここでツクツクボウシの声も聞こえてきた。

上智大土手ではガガイモの花が咲き、その花にカナブンの仲間が数匹来ていた(写真)。

弁慶濠にボートが2艘、釣りでなく水質の調査のようなことをしていた。

弁慶濠ではショウジョウトンボ1頭の他に弁慶橋の近くではチョウトンボ2頭が飛んでいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              1

スズメ   10

ハシブトガラス外堀通り   2

ハシブトガラス   12

ドバト外堀通り   4

ドバト   5

ノネコ   1

ボート   2

アオスジアゲハ   2

キアゲハ              2

ヤマトシジミ       6

オニヤンマ          1

コシアキトンボ   10

ショウジョウトンボ          1

チョウトンボ       2

アブラゼミ          5

ツクツクボウシ   1

ニイニイゼミ       20

ミンミンゼミ       50

アカミミガメ       4

エノココグサ      

オシロイバナ      

オニドコロ         

カイコウズ         

ガガイモ             

カナムグラ         

カラスウリ         

キョウチクトウ   

クサギ   

セイヨウタンポポ             

タチアオイ         

ツユクサ             

トキワハゼ         

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ミズヒキ             

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ         

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2008.8.03

20080803_2

2008年8月3日、8時24分~8時55分 晴

コースは多摩川右岸河原河口から48km地点で「多摩川自然観察路」の看板が立っているところです。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

モズの親子が鳴き交わしをしていた。

季節的に少し遅い感じがするがモズがここで繁殖しているらしい。

先月探したコムラサキがオギの葉先に止まったので写真を撮ろうしたら逃げてしまった。

キジバトがすぐ近くにいて逃げ出さなかった(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              3

ツバメ   5

モズ       2

ウグイス              2

セッカ   1

スズメ   10

ガビチョウ          2

イチモンジセセリ              1

キチョウ              3

コムラサキ          1

サトキマダラヒカゲ          2

ヒメウラナミジャノメ       4

ベニシジミ          4

モンキチョウ       4

ヤマトシジミ       1

コシアキトンボ   4

シオカラトンボ   10

ハグロトンボ       20

ミヤマアカネ       7

ムギワラトンボ   8

アブラゼミ          2

ニイニイゼミ       5

ミンミンゼミ       1

キリギリス          5

アカツメクサ      

アキノエノコログサ         

カヤツリグサ      

コヒルガオ         

シロツメクサ      

セリ    

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ママコノシリヌグイ         

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ         

ヤブカンゾウ      

サンカクイ         

ニガクサ             

ウシガエル         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高月水田 2008.8.3

20080803 

2008年8月3日、7時53分~10時34分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

ツバメ50羽が電線にまとまって、止まっている。

時々田んぼ上空を飛び立つので、この田んぼを餌場としてやって来たものと思われる。

羽化直後のミヤマアカネが稲の葉に多数止まっている。

ナガコガネグモがシオカラトンボを捉えて食べていた。

別の田んぼではシオカラトンボがミヤマアカネを捕まえて食べていた。

モズの幼鳥1羽がナスの支柱の先に止まっていた。

田んぼは中干しているところがあるが、オモダカの花が咲き、チュウサギが7羽も集まってきていた。

田んぼにチュウサギの羽が落ちていた(写真)。

水田に夏休みの親子魚とりが来ていた。

このような親子がふえるといいですね。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              2

チュウサギ          7

コサギ   4

アオサギ              1

キジバト              3

ツバメ   65

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              2

モズ       1

シジュウカラ       2

スズメ   50

ハシボソガラス   8

ドバト   2

イチモンジセセリ              3

キアゲハ              2

ナミアゲハ          1

ベニシジミ          6

モンキチョウ       7

モンシロチョウ   2

ヤマトシジミ       60

シオカラトンボ   130

ハグロトンボ       40

ハラビロトンボ   1

ミヤマアカネ       180

ムギワラトンボ   77

ニイニイゼミ       1

ミンミンゼミ       1

キリギリス          10

ナガコガネグモ   多数

アカツメクサ      

イヌガラシ         

エノココグサ      

オシロイバナ      

オッタチカタバミ             

オヒシバ             

オモダカ             

ガガイモ             

カヤツリグサ      

クズ      

ケキツネノボタン             

シロツメクサ      

スベリヒユ         

セイヨウタンポポ             

ダイコンソウ      

ツユクサ             

ハキダメギク      

ハルジオン         

ヒメジョオン      

ヒメヒオウギズイセン      

ヒルガオ             

ブタナ   

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

ミゾカクシ         

メマツヨイグサ   

ヤブカンゾウ      

ヤブラン             

ユウガギク         

| | コメント (0)

2008年7月28日 17時5分~19時25分 晴

20080728

中央高速道の上り線談合坂サービスエリアに毎年、この時期にツバメの集団ねぐらが形成される。

今年は飯田からの帰りに立ち寄ってみた。

以下はその時の状況である。

1834分で全て姿を消し、代わってツバメが集まり出して来る。

1840分頃から数を増やし上空を群舞する。

19時頃からねぐらとなる低いケヤキに止まり出し、1915分で殆どがねぐら入り完了。

ねぐらの中はツバメの声で騒がしい。

ねぐらはサービスエリア西側トイレ周辺約20本のケヤキ(面積は約100㎡)で南側及び西側にもケヤキが植わっているが、こちらのケヤキにはツバメは入っていない。

数はカウント不可能であるが、721日に多摩川府中四谷橋で観察したものより多く、これとの比較で約2万羽と推定した。

220080728

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

鳥見歩る記*よこね棚田(飯田市)2008.7.28

20080728_2

2008年7月28日 10時~12時 晴一時雨

「よこね田んぼ」は飯田市千代地区にあり、天竜川左岸の山あいにある棚田です。

この棚田は、地元千代地区の自治会及び地権者を中心とした「よこね田んぼ保 全委員会」が平成9年度に発足し、荒廃農地の草刈り、復田に努めました。

都市よりの援農(ワーキングホリデー)による畦づくり、又体験教育旅行の中学生、地元小中学生による田植え体験、さらには保育園児のどろんこ遊びの場の提供、様々な地域・年代の人たちの関わりの中で保全活動を推進されています。

2008728日、この棚田を訪ねてみると案山子コンコールが開かれていました。

投票用紙が置かれていて気に入ったものに投票し、秋の収穫祭の時に表彰するということが書いてありました。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト             

ツバメ   

ウグイス             

ホオジロ             

ハシブトガラス   

キアゲハ             

キタテハ             

キチョウ             

ジャノメチョウ   

モンキチョウ      

ヤマトシジミ      

オオシオカラトンボ         

シオカラトンボ   

ショウジョウトンボ         

アブラゼミ         

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

アカツメクサ      

アキノタムラソウ             

アレチマツヨイグサ         

ガガイモ             

カタバミ             

カワラナデシコ   

キスゲ   

クサノウオ         

ゲンノショウコ   

コナギ   

コマツナギ         

ジシバリ             

タカサブロウ      

チダケサシ         

ツユクサ             

ナワシロイチゴ   

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ホタルブクロ      

ミソハギ             

ミツバ   

モジズリ             

ヤブカンゾウ      

ユウガギク         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*野底森林公園で幕営2008.7.27-28

20080728

2008年7月27日~28日 晴

野底森林公園は飯田市にあって、天竜川右岸の支流野底川を挟んで標高600800メートルにあり、森に住む野鳥や蝶、ニホンカモシカなどの動物に出会える他、モリアオガエルの繁殖地としても有名と案内書には書いてある。

ここには無料でテントを張れるキャンプ場があるというので、「ヤドカリ君」というテントを車に積んで、1日ホームレスになるつもりで出かけて行った。

キャンプ場には綺麗なトイレも水場もあって設備は問題なかった。

昼間は家族連れが何組も来ていたが、夕方までに全て帰ってしまい、夜は一人ぼっちになってしまった。

キャンプ場周辺はホオジロ、キセキレイが多く、アカゲラもやってきた。

翌朝は朝飯前の野底林道を登ってみた。

すでに野鳥が盛んに囀る季節は過ぎているが、クロツグミ、キビタキ、オオルリの声を何とか確認できた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト             

アカゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

キセキレイ         

ヒヨドリ             

クロツグミ         

ウグイス             

キビタキ             

オオルリ             

ヒガラ   

シジュウカラ      

メジロ   

カケス   

ハシブトガラス   

ウラギンシジミ   

キチョウ             

ミスジチョウ      

オニヤンマ         

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

キリギリス         

アキノタムラソウ             

アレチマツヨイグサ         

イケマ   

イタドリ             

イノコズチ         

ウマノミツバ      

オオバコ             

オカトラノオ      

オトギリドウ      

オニドコロ         

カワラナデシコ   

キンミズヒキ      

クズ      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

サワギク             

シロツメクサ      

ダイコンソウ      

タケニグサ         

タマアジサイ      

ツリフネソウ      

ヌスビトハギ      

ネムノキ             

ノコギリソウ      

ノリウツギ         

ヒメジョオン      

ボタンズル         

ヤブジラミ         

ヤマホタルブクロ             

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.07.24

20080724 

2008年7月24日、9時01分~9時45分 曇、30℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

カラスに撒き散らかされたコンビニのゴミ袋が目につく。

桜並木ではカラスウリやヘクソカズラの花が咲きだした(写真)

今年もセミの季節になった。

ニイニイゼミ、ミンミンゼミが桜並木で鳴き競っている。

弁慶濠のクサギの花が咲き出した。

弁慶濠に藻が大発生していて、その藻が腐り出しで臭い匂いが道まで漂ってきている。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カワウ   1

ダイサギ              1

スズメ外堀通り   4

スズメ   14

ハシブトガラス外堀通り   3

ハシブトガラス   8

ドバト外堀通り   2

ボート   1

アオスジアゲハ   3

ツバメシジミ       1

ナミアゲハ          6

ヒメウラナミジャノメ       6

コシアキトンボ   25

ニイニイゼミ       14

ミンミンゼミ       7

アカミミガメ       5

アカツメクサ      

イヌホオズキ      

エノココグサ      

オッタチカタバミ             

オニドコロ         

カイコウズ         

カタバミ             

カナムグラ         

カラスウリ         

キョウチクトウ   

クサギ   

セイヨウタンポポ             

タケニグサ         

タチアオイ         

ツユクサ             

ノアザミ             

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ         

ヒメムカシヨモギ             

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

鳥見歩る記*箱根駒ケ岳神山2008.7.20

20080721

2008年7月20日、10時10分~13時35分 晴

駒ケ岳ロープエイを降りるイワツバメ群飛が見られた。

神山に向けて歩き出すとビンズイのさえずりが先ず聞こえてくる。

ウグイスのさえずりにホトトギスの声も混じる。

歩きにくい悪路を下っていくとミソサザイの高らかなさえずりが聞こえてきた。

イボタノ花が多くキマダラセセリが止まっていた。

ミョ~キンッ ミョ~キ ケケケ・・・と聞きなすそうだが、エゾハルゼミがいたるところで鳴いている。

神山の登りでコマドリのさえずりが聞こえてきた。

コマドリとヒガラのさえずりを聞いていると不明の鳥の声が聞こえてきた。

しばらくするとソウシチョウが姿をみせた。

声の主はこの鳥であった。

神山山頂近くでソウシチョウ約10羽に出会った。

繁殖しているのだろうか。

神山山頂は蛾が多く、蝶は少ない。

一瞬鷹と思ったらアサギマダラの帆翔であった。

神山の下山になると硫黄の匂いがしてきた。

冠ヶ岳で赤い花のヤマボウシの花に出会った(写真)

終着の大涌谷に着いたのは1335分。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ホトトギス         

イワツバメ         

ビンズイ             

ミソサザイ         

コマドリ             

ウグイス             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

ハシブトガラス   

ソウシチョウ      

アサギマダラ      

ジャコウアゲハ   

モンシロチョウ   

ヒメキマダラヒカゲ         

キマダラセセリ   

ヒグラシ             

エゾハルゼミ      

アカショウマ      

イボタノキ         

ウツギ   

ケキツネノボタン             

コアジサイ         

コナスビ             

サルナシ             

サンショウバラ   

シモツケ             

セイヨウタンポポ             

ダイコンソウ      

チダケサシ         

ナルコユリ         

ノイバラ             

ノコギリソウ      

ノリウツギ         

バイケイソウ      

ハクサンオミナエシ         

ヒナノウスツボ   

ヒメジョオン      

ヤマアジサイ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*世田谷ツバメ集団ねぐら2008.7.19

20080719

2008年7月19日、17時00分~19時30分 晴

世田谷トラストまちづくり野鳥ボランティアが主催する「ツバメ集団ねぐら観察会」に参加した。

集合場所は多摩川の兵庫島。

ここは二子玉川駅から歩いて数分のところ。

集合時間の17時過ぎには多くの一般市民が集まってきた。

3班に分かれ、主催者の野鳥ボランティアの方々の案内で川原を上流に向った。

ツバメがねぐらに利用しているというヨシ原は約1km上流の多摩川左岸堤防に近いヨシ原である。

東京都水道局の砧浄水場の前、ここに面積は僅かであるが立派なヨシ原がある。

観察会の参加者は主催者の話では130名以上とのこと、ずいぶん大勢の人が集まったものだ。

ツバメがねぐらに戻って来る間、野鳥ボランティアの方々からツバメの集団ねぐらの解説があり、あたりが暗くなりだした19時頃にはツバメがヨシ原の上空に現れ出した。

1910分頃からヨシの葉にツバメが止まり始めた。

持参した懐中電灯付きのフィールドスコープでツバメを観察すると目玉が懐中電灯のあかりを反射してホタルがいるかのように光る。

これを参加者の皆さんに代わる代わる覗いてもらった。

皆さん一様に驚きの声をあげる。

川原の涼しい風を受け帰りの二子玉川駅へ向ったのは1930過ぎであった。

観察した野鳥

アオサギ

コアジサシ

カワセミ

ツバメ

ヒヨドリ

ハシブトガラス

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

鳥見歩る記*川町田んぼ2008.7.19

20080719

2008年7月19日、8時25分~9時55分 晴

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

オタマジャクシからカエルになったばかりのアマガエルが稲の葉に多数止まっている。

1㎡当たり5匹以上はいる。

未だオタマジャクシ時代の尾がついたものもいる。

アマガエルとともに稲の葉にヤサガタアシナガグモも目立つ。

モズが未だいた。

モズは普通は夏になると姿をけすのだが。

ナツアカネの若い個体が稲に止まっていた。

サナエトンボもいる。

胸のY字模様からオジロサナエのように見える。

コシアキトンボは溜池にいた。

20080719_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ   6

キセキレイ          6

ヒヨドリ              10

モズ       1

ウグイス              3

メジロ   8

カワラヒワ          2

スズメ   10

ハシボソガラス   2

ハシブトガラス   6

ガビチョウ          6

オオチャバネセセリ          2

キタテハ              4

キチョウ              2

スジグロシロチョウ          2

ダイミョウセセリ              1

ツバメシジミ       1

ヒメウラナミジャノメ       1

ベニシジミ          6

ヤマトシジミ       2

オオシオカラトンボ          1

オニヤンマ          2

カワトンボ          1

コシアキトンボ   1

シオカラトンボ   6

ナツアカネ          1

ムギワラトンボ   1

クマバチ              6

トカゲ   1

ヤサガタアシナガグモ       多い

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

アカバナユウゲショウ      

アキノタムラソウ             

イヌガラシ         

イヌゴマ             

ウマノミツバ      

エノココグサ      

オオジシバリ      

オオバコ             

カタバミ             

カントウヨメナ   

ケキツネノボタン             

コウゾリナ         

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリ    

ダイコンソウ      

タケニグサ         

チダケサシ         

ツユクサ             

ハエドクソウ      

ヒメスイバ         

ヒルガオ             

ミゾカクシ         

ミツバ   

ヤブカンゾウ      

ヤマユリ             

ヨウシュヤマゴボウ         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*上川口小学校2008.7.16

20080716

2008年7月16日、8時45分~10時30分 晴

八王子市立上川口小学校では裏山の雑木林を整備して「裏山自然探検ランド」を作った。

その場所で「裏山わくわくウオークラリー」を行うので見に来てくれないかという要請を同校から受けた。

ウオークラリーの目的は①裏山自然探検ランドを歩き、自然を満喫しながらワクワクドキドキを楽しむ。②動植物の観察を通して、生きものとのかかわりを通し、自然を楽しむ。③縦割り班活動を行い、異学年との交流を通し、上川兄弟(姉妹)の絆を深める。

と学校のペーパーに書いてあった。

裏山にこんな素晴らしい場所がある学校は全国的にも稀でないかと思われる。

この日はキビタキのさえずりも聞くことができた。

校長先生と一緒にウオークラリーコースを歩き、今後の方向について意見を求められたので、サシバがすめる(営巣できる)というような環境にするという具体的な目標を掲げた里山作りに取組むことを提案した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト

コゲラ

ツバメ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

キビタキ

シジュウカラ

ハシブトガラス

チダケサシ(写真)

| | コメント (0)

鳥見歩る記*醍醐林道2008.7.13

20080713

2008年7月13日、8時30分~11時16分 晴

八王子・日野カワセミ会探鳥会。

集合場所は八王子市上恩方の夕やけ文化農園。

スタート前にノスリが上空旋回飛翔を見せてくれた。

ここから関場で陣馬山方面への道と別れて醍醐林道に入り、片道約4kmの道を往復するのが今日のコース。

杉林の所でサンコウチョウのツキフホシホイホイホイが聞こえてきた。

ここには「多摩森林再生事業」という看板が掲げられ枝打ちと間伐の管理がなされていた。

人の手入れがなされているところにはサンコウチョウもやってくるのか。

クロツグミのさえずりが聞こえてきた。

探すと尾根上で一際高く際立つモミの木のテッペンで気持ち良さそうに歌っている。

クチバシと脚の黄色が目印だ。

やはり尾根筋の木のテッペンに昨年アオバトが2羽いたことを思い出し、今年もと探してみたらなんと昨年と同じところに1羽のアオバトが止まっていた。

このコースはホタルブクロ、ヤマホトトギス、ミズタマソウなど野草も楽しめるが特にイワタバコがあちこちにあり、花は既にピークは過ぎていたが最後を飾る株もあった。

モリアオガエルを庭で保護している家もあり、軒の下に1匹のオスがじっと座っていた。

この家の人の話では毎晩8時過ぎに良く鳴くとのことである。

草の葉に蛍成虫1頭が止まっていた。

写真を撮り専門家に鑑定していただいたら以下のような回答を頂いた。

「オバボタルです。前胸の赤い斑紋が小さい個体で、神田左京は、「イ型」と言っています。」

20080713_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ノスリ   

キジバト             

アオバト             

コゲラ   

ツバメ   

キセキレイ         

ヒヨドリ

カワガラス

ミソサザイ

クロツグミ

ウグイス

キビタキ

オオルリ

サンコウチョウ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

イカル

スズメ

カケス

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ         

クロアゲハ         

サカハチチョウ              

ミヤマカラスアゲハ         

オニヤンマ         

カワトンボ         

ニイニイゼミ      

モリアオガエル   

アカメガシワ      

イワタバコ         

ウシハコベ         

ウマノミツバ      

オオバギボシ      

オカトラノオ      

オッタチカタバミ             

カタバミ             

キササゲ             

クサノウ             

ケキツネノボタン             

コナスビ             

コマツナギ         

セリ    

タケニグサ         

ツユクサ             

テイカカズラ      

ドクダミ             

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ヒメオドリコソウ             

ヒヨドリバナ      

ホタルブクロ      

ミズタマソウ      

モジズリ             

ヤブカンゾウ      

ヤマホタルブクロ             

ヤマホトトギス   

ユキノシタ         

リョウブ             

アカバナ             

サワギク             

ノコギリソウ      

フジウツギ         

クマシデ             

20080713_3

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2008.7.12

20080712_2

2008年7月12日、12時40分~13時15分 晴

コースは多摩川右岸河原河口から48km地点で「多摩川自然観察路」の看板が立っているところです。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

シギ8羽が上空を旋回していたが種別を特定することができなかった。

ウグイスがさえずりホトトギスの声も聞こえて来た。

ワンドの池にはカワセミ、カイツブリがいた。

昨年観察したコムラサキは河原のヤナギが伐採されたため見つけることが出来なかった。

残念である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ          1

キジバト              1

ホトトギス          1

カワセミ              1

セグロセキレイ   1

ヒヨドリ              2

ウグイス              3

オオヨシキリ       2

ホオジロ              2

カワラヒワ          2

スズメ   10

コジュケイ          2

ガビチョウ          2

釣り人   2

ヒメウラナミジャノメ       20

ベニシジミ          1

モンキチョウ       1

モンシロチョウ   2

オニヤンマ          1

コシアキトンボ   4

シオカラトンボ   3

ハグロトンボ       1

ミヤマアカネ       1

キリギリス          2

アカツメクサ      

シロツメクサ      

セリ    

ヒメジョオン      

ママコノシリヌグイ         

ヤブガラシ         

ヤブカンゾウ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高月水田 2008.7.12 

20080712 

2008年7月12日、12時25分~14時50分 晴・一時雨

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

アイガモの放されている田んぼが3ヶ所あり、元気なヒナ達が田の中を動きまわっていた。

別の田んぼにカルガモ親子(親1+子7)がいた。

田んぼからカモが生まれたのだ。

アイガモのように田んぼの草を食べてくれるのだろうか。

田んぼの別の場所にはダイサギ4羽、アオサギ1羽がおりて採餌していた。

稲の上でギンヤンマが飛んでいた。

空が一転にわかに暗くなり、大雨が突如降ってきた。

幸いにビニールハウスが近くにあったので、逃げ込んだ。

風も強く暴風雨となりビニールハウスが飛ばされそうになるほどあったが30分ほど雨宿りをすると前線は通り過ぎて天気は回復した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              10

コサギ   4

アオサギ              1

カルガモ              9

トビ       1

ツバメ   9

ハクセキレイ       1

セグロセキレイ   1

スズメ   120

ムクドリ              5

ハシボソガラス   7

イチモンジセセリ              1

ヒメウラナミジャノメ       7

ベニシジミ          14

モンキチョウ       4

モンシロチョウ   20

ヤマトシジミ       24

ギンヤンマ          1

シオカラトンボ   12

ミヤマアカネ       1

ムギワラトンボ   1

ニイニイゼミ      

ケキツネノボタン             

トキワハゼ         

イヌガラシ         

ヤブカンゾウ      

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

エノココグサ      

オオバコ             

ギシギシ             

コヒルガオ         

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ブタナ   

ヘラオオバコ      

マメグンバイナズナ         

ヤブガラシ         

ハキダメギク      

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »