« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月26日 (土)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2008.07.12

20080712

2008年7月12日、晴 8時00~11時00分

第3回カワセミ会ジュニアクラブ探鳥会。

コースは浅川右岸堤防エコひろば裏から長沼橋まで下り、同橋を渡って左岸堤防を新浅川まで歩き、同橋を渡ってエコひろばに戻る周回コース。

暑い中、鳥も以下のような3例の暑さ対策が観察できた。

    キジバトが川で水浴した後も水につかっていて川から出てこない。

②アオサギが河原で羽根を広げて熱を発散している。

    ハシボソガラスが口を開けて息をして体温を発散させている。

親子連れが観察できたのは以下のとおり。イカルチドリ(河原)、ツバメ(電線)、カルガモ(湿地)、ハシボソガラス(屋根)。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

コガモ

トビ

イカルチドリ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

イワツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

セッカ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガビチョウ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*富士山麓2008.07.11

20080702

2008年7月11日、晴 8時00~16時30分

八王子・日野カワセミ会の探鳥会。

八王子からマイクロバスで富士スバルラインを三合目まで行き、精進口登山道を五号目まで歩き、御中道を散策して奥庭荘の野鳥水場を経てここから三合目まで下るコース。

ビンズイ、ルリビタキ、ミソサザイ、メボソムシクイのさえずりを聞きながらよく歩いた。

ルリビタキが針葉樹林帯で見え隠れ、御中道ではビンズイ、ホシガラスの姿をじっくり観察。

キソチドリ、イチヨウラン、コフタバラン、ミヤマフタバラン、ヒメムヨウランなどのランやイチヤク草の仲間、コケモモの花など、鳥もさることながら野草を堪能できるコースであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト                      

ビンズイ                      

ミソサザイ                   

ルリビタキ                   

ウグイス                      

メボソムシクイ            

キクイタダキ               

ヒガラ                           

ヤマガラ                      

シジュウカラ               

イカル                           

カケス                           

ホシガラス                   

ハシブトガラス            

ウツギ                           

ギンリョウソウ            

セイヨウタンポポ         

ハタザオ                      

ツルアジサイ               

ミヤマハタザオ            

イチョウラン               

イワセントウソウ         

オガラバナ                   

オンタデ                      

キソチドリ                   

キバナノオダマキ         

コケモモ                      

コバノイチヤクソウ    

コフタバラン               

シモツケ                      

シロバナヘビイチゴ    

タイツリオウギ            

タケシマラン               

ツバメオモト               

ツマトリソウ               

ニシキウツギ               

バイカウツギ               

ヒメムヨウラン            

ベニバナイチヤクソウ 

マイヅルソウ               

マルバイチヤクソウ    

ミヤマオトコヨモギ    

ミヤマハンショウヅル 

ミヤマハンノキ            

ミヤマフタバラン         

| | コメント (0)

鳥見歩る記(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2008.7.10  

20080710 

2008年7月10日、7時35分~7時52分 曇

コースは八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

岡田建材店のツバメの巣はふっかつして親の出入りあり、ヒナは見えなかった。

カワラヒワにビーンとというさえずりあり、どこかに巣があるか。

シジュウカラもさえずりを確認。

駅近くの長崎屋前の歩道には生ゴミの袋が積まれていて、カラス対策がなされていない。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              1

ツバメ   2

ヒヨドリ              4

シジュウカラ       2

カワラヒワ          2

スズメ   2

ハシボソガラス   2

ドバト   30

| | コメント (0)

鳥見歩る記*由井三小児童学習水田2008.07.09

2008年7月9日、曇 19時55~21時00分

湯殿川流域の由井3小の児童学習水田(小比企町)にホタルがでているというので、調査に行った。

児童学習水田にはヘイケボタル約30頭がいた。

暗やみの中鳥の声が聞こえてきたのでよく観察するとアイガモ雛約10羽畦に固まっていた。

驚いたことに田んぼの脇で地域の大人男女10人以上ホタル見物の宴会中であった。

児童学習水田の管理を支えている地域の方々のようである。

これもホタルの人を引き付ける力か。

近くの湯殿川に移動、湯殿川・大橋~釜土橋ではカジカガエルの声少し有り。

湯殿川左岸釜土橋付近の田んぼでは、ホタルはいなかったが、カルガモ約15羽がイネの植わっている田んぼに降りていた。

田んぼがカルガモの餌場として機能しているのであろう。

20080709_3

| | コメント (0)

鳥見歩る記*御岳渓谷2008.07.09

20080709

2008年7月9日、曇 10時45~14時00分

読売文化センターの野鳥講座、7月は多摩川の上流御岳渓谷で開催。

多摩川は最近の多かった雨の影響か水量が多かった。

急流ではカヌーをやる人がいて、その近くではあまり鳥を見かけることができなかった。

青梅線御岳駅から多摩川左岸の遊歩道を下り、途中の鵜の瀬橋から右岸に出て、楓橋で再び左岸。

ここは青梅線沢井駅の近く、当初予定ではここまでの徒歩コースであったが、時間に余裕があったので、もう一つ下流の軍畑駅まで歩いてしまった。

対岸の水辺で採餌するカワガラス、橋の下の岩に飛来したカワセミの幼鳥、上空に突如出現したトビなど堪能できたが、期待のヤマセミにはお目にかかることが出来なかった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

コサギ   

アオサギ             

トビ      

ホトトギス         

カワセミ             

ツバメ   

イワツバメ         

キセキレイ         

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

カワガラス         

ウグイス             

シジュウカラ      

メジロ   

カワラヒワ         

スズメ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

アカバナユウゲショウ      

オオバジャノヒゲ             

オオバギボシ      

キハギ   

コマツナギ         

チダケサシ         

ノカンゾウ         

ハエドクソウ      

ヒメヒオウギズイセン      

ヤブカンゾウ      

キンシバイ         

テリハノイバラ   

ビヨウヤナギ      

ヤマユリ             

ニイニイゼミ      

20080709_2

| | コメント (0)

鳥見歩る記2008.7.08(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

20080708

2008年7月8日、7時34分~7時55分 小雨

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

金剛院前の電線に餌をくわえたスズメ親1羽、巣立ち雛たちと見られるムクドリ10羽が並んでいた。

三小通りのイチョウ公園を通り過ぎるとクチナシ(写真)の香りがしてきた。

同公園ではノウゼンカズラも花を着けていた。

オナガがイチョウの街路樹の脇を横切った。

駅前でカワラヒワにビーンという声が聞こえてきた。

イワツバメは駅構内で営巣しているものが飛び出してきたもの。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ   4

イワツバメ          10

ヒヨドリ              6

メジロ   2

カワラヒワ          2

スズメ   12

ムクドリ              12

オナガ   1

ドバト   2

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩丘陵大学セミナーハウス付近2008.07.06

2008年7月日、晴 0~10分

オオタカの保護に取組む仲間とオオタカの調査。

八王子市下柚木の大学セミナーハウス付近の多摩丘陵を歩いた。

ホトトギスが2羽、鳴きながら飛び交う。

ヤマガラの親子連れに出会う。

タカの食痕と思われるハトの羽の散乱を発見(写真)。

ニイニイゼミが鳴き出した。

林床にはチダケサシ、オカトラノオ、アキノタムラソウなどが目立ち、少し早すぎると思われるヤブミョウガが咲いていた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

ホトトギス         

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

エナガ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

スズメ   

ハシブトガラス   

ガビチョウ         

ニイニイゼミ      

アキノタムラソウ             

オオバギボウシ   

オカトラノオ      

タケニグサ         

チダケサシ         

ツユクサ             

ドクダミ             

ネムノキ             

ノアザミ             

ハエドクソウ      

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

モジズリ             

ヤブミョウガ      

ヤマホタルブクロ             

20080706 

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川口中学1年生野鳥観察指導(川口川)2008.07.04

20080704

2008年7月4日、晴 12時50~14時30分

川口中学校1年生の野鳥班に対する野鳥観察指導。

場所は同校近くの川口川。

参加した生徒から礼状と作文が返ってきた。

以下はそのうちの一つである。

「川口川の野鳥のこと教えてくれてありがとうございました。

カワセミをいっしゅんしか見れなかったのは残念ですが、キジバトやカルガモ、ツバメ、いろいろな鳥を見れてとともよかったです。

鳥のことだけでなくて草や虫のことも教えてくれました。

ありがとうございました。

わたくしはこのことを機会にいろいろなことを知りました。

ツバメの巣が毎年修繕して使われることやカワウが魚を直ぐに飲込んでしまうことやカルガモは1年間ずーといるこたとやカルガモとアヒルではアヒルの方が大きいことやツバメで尾が短いのは子供で長いのが大人ってことやトビが高く飛んで落ちない理由。

まだまだ考えればたくさん出てくると思います。

このことをたくさんの人に教えてあげたいです。本当にありがとうございました。」

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

カルガモ

トビ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

エナガ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシブトガラス

アヒル

アオスジアゲハ

ベニシジミ

ハグロトンボ

ラミーカミキリ

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.07.03

Aiu20080703 

2008年7月3日、9時09分~9時51分 晴、25℃

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

赤坂見附外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫に巣有り、巣立ち直前のヒナ4羽が巣中にいて親が頻繁に餌運びをしていた。

シジュウカラが3ヶ所でさえずりをしていた。

コシアキトンボが出始めた。

モジズリの花が紀の国坂交差点付近で目立つ。

ヘクソカズラの花が咲き出した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カワウ   1

ダイサギ              1

アオサギ              1

カルガモ              4

ツバメ外堀通り   6

シジュウカラ       6

スズメ   8

ハシブトガラス外堀通り   2

ハシブトガラス   7

ドバト   1

ノネコ   1

アオスジアゲハ   1

スジグロシロチョウ          1

ナミアゲハ          1

コシアキトンボ   5

アカミミガメ       7

アカメガシワ      

アジサイ             

エノココグサ      

オオアレチノギク             

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

カイコウズ         

カタバミ             

キョウチクトウ   

コマツヨイグサ   

セイヨウタンポポ             

タケニグサ         

タチアオイ         

ツユクサ             

ドクダミ             

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

モジズリ             

ヤブガラシ         

ヤブカンゾウ      

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2008.7.02

420080702

2008年7月2日、10時25分~15時15分 晴

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

深緑の高尾山にヤマアジサイ、アカショウマなどの白い花が目立つ。

4号路でイワガラミの花を確認、葉を揉むとキュウリににおいがすることを知った。

4号路ミヤマ橋で房桜の葉に奇妙な形で首の長い小さなクビナガオトシブミがいた(写真)

蛇滝登山道のキジョランが多い所にアサギマダラ成虫が来ていた。

産卵のためか。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト              2

ホトトギス          1

アオゲラ              3

コゲラ   3

キセキレイ          2

ヒヨドリ              40

クロツグミ          4

ヤブサメ              4

ウグイス              9

キビタキ              6

オオルリ              4

エナガ   20

ヒガラ   2

ヤマガラ              8

シジュウカラ       15

メジロ   35

イカル   4

ハシブトガラス   12

ガビチョウ          2

アカタテハ          1

アサギマダラ       1

カラスアゲハ       1

ジャコウアゲハ   1

スジグロシロチョウ          4

スミナガシ          3

ヒカゲチョウ       1

ルリシジミ          6

ルリタテハ          1

ホタルガ              2

カワトンボ          4

イワガラミ         

ウマノアシガタ   

ウマノミツバ      

ギンリョウソウ   

クマノミズキ      

ドクダミ             

ハエドクソウ      

マタタビ             

ムラサキニガナ   

ヤブレガサ         

ヤマアジサイ      

ヤマニガナ         

ヤマボウシ         

ヤマホトトギス   

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2008.7.02

20080702

2008年7月2日、8時0分~1025分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

河原でヒヨドリ1羽がナワシロイチゴと見られる赤い実をくわえていて赤いくちばしのように見えた。

サシバ1羽が蛇滝橋付近中央高速道側上空旋回。

コウゾの実にコメツキムシがいて、よく見ると同じ所にナナフシもいて小さな眼がとても可愛く見えた。

コバノカゴメズルがひっそりと咲いていた。

ラミーカミキリが葉の上に止まっていた。

サナエトンボがいるが種が判定できない。

今年もヤブカンゾウ、キササゲ、オオバジャノヒゲ、ムラサキニガナ、ムラサキシキブ、オカトラノオ、アカショウマなど花がよく咲いている。

カジカガエルの声が先月の半分以下に減った。

カウントした鳥は以下のとおりです。

ノスリ   1

ホトトギス          1

コゲラ   4

ツバメ   10

キセキレイ          1

ヒヨドリ              14

ウグイス              4

ヤマガラ              2

シジュウカラ       8

メジロ   7

スズメ   7

ムクドリ              2

オナガ   2

ハシボソガラス   6

ハシブトガラス   4

ドバト   4

ガビチョウ          6

キチョウ              2

クロヒカゲ          1

スジグロシロチョウ          14

ヒメウラナミジャノメ       5

ベニシジミ          2

ルリシジミ          6

ホタルガ              2

カワトンボ          11

サナエトンボsp              1

カジカガエル       30

オツネントンボ   1

アカショウマ      

アカメガシワ      

イヌガラシ         

イモカタバミ      

ウマノミツバ      

ウリノキ             

オオバコ             

オオバジャノヒゲ             

オカトラノオ      

オッタチカタバミ             

オニノゲシ         

キササゲ             

ギシギシ             

ギンレイカ         

クサノウ             

クマノミズキ      

コウゾリナ         

コセンダングサ   

コバノカゴメズル             

スズメノカタビラ             

セイヨウタンポポ             

タケニグサ         

タニタデ             

ツユクサ             

テイカカズラ      

トウバナ             

トキワハゼ         

ナワシロイチゴ   

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハコベ   

ハハコグサ         

ヒメジョオン      

ヒメヒオウギズイセン      

ヒヨドリバナ      

ヒルザキツキミソウ         

マタタビ             

ママコノシリヌグイ         

マメグンバイナズナ         

ムラサキシキブ   

ムラサキニガナ   

モジズリ             

ヤブガラシ         

ヤブカンゾウ      

ヤブニンジン      

ヤマニガナ         

ヤマホタルブクロ             

ユキノシタ         

ヨウシュヤマゴボウ         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2008.06.28

20080628 

2008年6月28日、晴 8時00~11時0分

第2回カワセミ会ジュニアクラブ探鳥会。

コースは浅川右岸堤防エコひろば裏から長沼橋まで下り、同橋を渡って左岸堤防を新浅川まで歩き、同橋を渡ってエコひろばに戻る周回コース。

エコひろばの庭に来ていたハクセキレイを先ずじっくり観察。

河原にカワウが3羽降りていたので双眼鏡を向けると、その隣に可愛いイカルチドリに巣立ちヒナがじっと座り込んでいた。

保護色で確認が難しい。

中央線鉄橋付近ではハシボソガラスの巣立ち雛がいて、口の中の赤いところが観察できた。

セッカが元気良く中洲の上を飛び交っているが捉えるのが難しい。

ようやく草の葉に止まったところをスコープでとらえることができた。

左岸長沼橋上流側の湿地のところで休憩。

カワセミが目の前に現れた。

カイツブリとカルガモの親子連れが姿を見せた。

季節がら今日の探鳥会は野鳥の子供達に一杯出会えてジュニアクラブの観察会に相応しいものとなった。

20080628_2 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

コサギ

アオサギ

カルガモ

トビ

イカルチドリ

イソシギ

キジバト

ヒメアマツバメ

カワセミ

コゲラ

ツバメ

イワツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

セッカ

シジュウカラ

メジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ドバト

ガビチョウ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵、台只沼谷戸2008.06.27

20080627

2008年6月27日、晴 8時00~10時15分

宇津貫の台、只沼谷戸と丘陵地の野鳥定期カウント。

宇津貫みどりの会のメンバーがJR八王子みなみ野駅に4名集まった。

兵衛川でウグイスの谷渡り(警戒鳴き)、さらに下流で久々にカワセミが出現。

兵衛川のワンドではカワラヒワの親子もいた。

台只沼谷戸入り口の寒暖計は8:40 24℃。

花はクマノミズキ、オカトラノオ、ハエドクソウ、テリハノイバラ(写真)、カナムグラ、ホタルブクロなど。 

蝶はクロヒカゲ、オオスズメバチも出現。

昨年まで40巣あった花王倉庫のイワツバメ巣は10程度の激減、管理人の方の話ではカラスにやられてしまった(被害)とのことである。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ       1

キジバト              5

ヒメアマツバメ   1

カワセミ              2

コゲラ   1

ツバメ   31

イワツバメ          10

キセキレイ          1

ハクセキレイ       2

ヒヨドリ              20

ウグイス              4

ヤマガラ              2

シジュウカラ       8

メジロ   18

ホオジロ              2

カワラヒワ          2

スズメ   24

ムクドリ              30

ハシボソガラス   3

ハシブトガラス   4

ドバト   1

ガビチョウ          4

オオスズメバチ   成虫

オカトラノオ      

クマノミズキ      

タケニグサ         

テリハノイバラ   

ドクダミ             

ニガイチゴ         

ハエドクソウ      

ホタルブクロ      

ムラサキシキブ   

モジズリ             

ヨウシュヤマゴボウ         

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2008.06.24

20080624

2008年6月24日、9時05分~9時40分 晴、23℃

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

ツバメが上智大学グランド2羽飛翔。

コゲラが弁慶濠の赤坂見附付近1羽飛翔。

上智大学グランド土手のビワの実が熟す。

モジズリが外堀通り街路樹下と紀尾井坂信号付近で開花。

コシアキトンボが上智大学グランド土手で10頭、弁慶濠で10頭飛翔。

ノシメトンボ1頭が外堀通り溜池交差点にいた。

ここは屋上に樹木が繁小松ビルの下なので、屋上の緑と関係あるか、それとも緑のある首相官邸の近くであるからか。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              2

コゲラ   1

ツバメ   2

シジュウカラ       2

メジロ   2

スズメ外堀通り   2

スズメ   18

ハシブトガラス外堀通り   2

ハシブトガラス   4

ベニシジミ          5

コシアキトンボ   20

ノシメトンボ       1

アカミミガメ       12

アカメガシワ      

エノココグサ      

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

カイコウズ         

カタバミ             

キョウチクトウ   

タケニグサ         

タチアオイ         

ドクダミ             

ノアザミ             

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

モジズリ             

ヤブガラシ         

ビワ      

ワラビ   

| | コメント (0)

鳥見歩る記*八王子大谷緑地保全地区2008.06.22

20080622 

2008年6月22日、小雨曇 8時30分~10時00分 

東京都指定の緑地保全地区、都立小宮公園東側に残る斜面雑木林が保全緑地として指定されている。

加住丘陵先端部に位置する北側斜面の樹林で、全域がコナラ、クヌギの雑木林に覆われている。

古くから農用林として経営管理され、現在も八大緑遊会というボランティア団体が下刈や落ち葉かきなどの管理を定期的に行っている。 

小雨混じりの天気であるが雑木林の中に入ってしまうと雨は関係ない。

ウグイス、キジ、コジュケイの声がよく聞こえてきたが、全般的に鳥はあまり目立たなかった。

観察した野鳥や花などは以下の通りです。

キジ

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

ウグイス

シジュウカラ

ホオジロ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

コジュケイ

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

鳥見歩る記*川町田んぼ2008.6.20

20080620_2

2008年6月20日、8時37分~10時10分 曇

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

キビタキのさえずりを2ヶ所で確認。

キセキレイの親子連れが田んぼに来ていた。

シオカラトンボの雄雌連結飛翔、羽化直後のハラビロトンボ、ウスバキトンボを観察。

オタマジャクシが田んぼに多い。

ヒル1匹も水中にいた。

オオタカの声が雑木林から聞こえてきた。

今年も最上流のイネの植えてない田んぼにミズニラが生えてきた(写真)。

地主さんの話では今年も田んぼにホタルが出ているという。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

オオタカ              1

ホトトギス          1

ツバメ   4

キセキレイ          4

セグロセキレイ   2

ヒヨドリ              14

ウグイス              1

キビタキ              2

シジュウカラ       4

メジロ   10

カワラヒワ          2

ハシボソガラス   2

ハシブトガラス   2

コジュケイ          2

ガビチョウ          2

イチモンジセセリ              1

クロヒカゲ          1

スジグロシロチョウ          14

ヒカゲチョウ       3

ヒメジャノメ       2

ベニシジミ          1

モンシロチョウ   22

ヤマトシジミ       13

ウスバキトンボ   1

カワトンボ          1

ギンヤンマ          1

シオカラトンボ   10

ムギワラトンボ   6

アマガエル         

オオジシバリ      

ケキツネノボタン             

ミゾカクシ         

ミミナグサ         

ミズニラ             

ドクダミ             

オオバジャノヒゲ             

テイカカズラ      

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ         

ウシハコベ         

オオイヌノフグリ             

オオバコ             

カタバミ             

コウゾリナ         

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ホタルブクロ      

コモチマンネングサ         

ヒメスイバ         

ハキダメギク      

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

鳥見歩る記*利根川(小見川)2008.06.18

20080618

2008年6月18日、晴 10時35分~14時40分 

読売文化センターの野鳥講座、6月は利根川の小見川に行った。

集まった受講生は6名。

この日の狙いは利根川河川敷のヨシ原でさえずる希少種のオオセッカと夏になると顔が黒くなるコジュリン。

成田線の小見川駅を降りて利根川までは田んぼの中の歩き。

田んぼにはチュウサギが目立つ。

オオヨシキリの声を聞き、カワウ、カルガモ、アオサギの混じる田んぼ道を小1時間歩くと利根川にたどり着く。

河原にはヨシ原が続き、セッカ、オオセッカ、オオヨシキリ、コジュリン(写真)、ウグイスが勢ぞろい。

オオジュリンが思ったより数が多い。

放物線を描いて飛んだあと(写真)、ヨシに止まったところがじっくり観察できた。

コジュリンもホオジロに似たさえずりを盛んにやっている。

帰路は途中で道を横切ったノウサギに出会う。

小見川は東京からは少し遠いがここでしか見られない野鳥に出会える「小さな旅」である。

20080618_2 

観察した野鳥や花などは以下の通りです。

カワウ

チュウサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

トビ

キジバト

ヒバリ

ツバメ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

オオセッカ

オオヨシキリ

セッカ

コジュリン

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »