« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

鳥見歩る記*瑞牆林道探蝶・探鳥2007.8.26

2007826

2007年8月26日、晴

八王子・日野カワセミ会の仲間と韮崎駅から瑞牆山荘までタクシーで入り、瑞牆林道を富士平まで探蝶・探鳥しました。

標高1500~1800m、シラカバとダケカンバノが混在する林道で下界の暑苦しさを避けた涼しい自然観察を楽しむことができました。

このコースは渡り鳥のように長距離渡りをチョウとして知られているアサギマダラの集団が身近で観察できるところです。

アサギマダラは期待通り出たが数は多くありませんでした。

ノスリが2羽行きも帰りもスターと地点付近に出現、樹冠の隙間上空に見え隠れしていました。

アカハラが林道前方に出てミミズのようなものを採餌するところが観察できました。

ウソ、アカゲラは全員ではないが、声も姿も観察。

折り返し地点の富士見平付近で巣立ち雛1羽、クチバシが未だ黄色で産毛の個体、大きさと模様からコサメビタキらしかった。

このコースも鹿の出没跡が見られ、木の皮が剥かれていました。

観察した野鳥は以下の通りです。

オオタカ、ノスリ、アカゲラ、コゲラ、ミソサザイ、アカハラ、メボソムシクイ、コサメビタキ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、ウソ、カケス、ハシブトガラス

観察した蝶、蜻蛉

アオバセセリ、アサギマダラ、イチモンジセセリ、カラスアゲハ、キベリタテハ、クジャクチョウ、クロヒカゲ、スジグロシロチョウ、テングチョウ、モンシロチョウ、ミドリシジミsp、アキアカネ、シオカラトンボ、ノシメトンボ

咲いていた花

アキノウナギツカミ、イケマ、イヌトウバナ、ウツボグサ、カワミドリ、キオン、キツリフネ、キンミズヒキ、クルマバナ、ゲンノショウコ、コウゾリナ、コバイケイソウ、ゴマナ、ススキ、ソバナ、ダイコンソウ、タニタデ、ツリガネニンジン、ツリフネソウ、ツルアジサイ、トリカブト、ヌスビトハギ、ノリウツギ、ヒメジオン、ヒヨドリバナ、ホザキイチョウラン、ママコナ、マルバダケブキ、メタカラコウ、ヤブマメ、ヤマハギ、ヤマハハコ、ヤマホタルブクロ、リョウブ

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

鳥見歩る記*仙丈岳2007.8.19-20

2007819

2007年8月19-20日、晴

819日、甲府駅を9時発のバスに乗り広河原経由で標高2030mの北沢峠に1245分に着いてしまう便利さを利用した。

今回は職場の仲間との山行だ。

北沢峠ではタカネビランジが可憐な花を咲かせて出迎えてくれた。

1250分発、大平山荘まで一端登山道を下り、藪沢コースに入る。

馬の背ヒュッテまでの初日のコース。針葉樹の森を歩いていると早速メボソムシクイの声が聞こえてきた。

足元にはカニコウモリが咲いている。

ハンゴンソウの花にはアサギマダラが1頭来ていた。

標高を稼ぐにしたがい高山植物が増えてくる。

クロクモソウ、キバナノコマノツメ、コケコゴメグサ、コバノイチヤクソウ、ミソガワソウなどなど・・・、振り返れば摩利支天を従えた甲斐駒ケ岳が大きく見えてきた。

今宵の宿の馬の背ヒュッテ着は16504時間の行程だった。

ヒュッテの周辺はマルバダケブキの花盛り、綺麗ではあるがこれしかない(写真)。

鹿がはびこるこることによる現象だ。

何故か鹿は他の草は食いつぶすがマルバダケブキだけは食べないので、マルバダケブキだけが残ってしまうというからくりだ。

ヒュッテのご主人に聞いたらその通り、鹿による被害跡とのことだった。

気温16℃の涼しさ。

翌朝820日は510分のご来光、気温10℃、セーターを着ないと寒い。

530分に出発、ハイマツ林を登って行くとカヤクグリとおぼしき2羽連れの小鳥が見え隠れする。

森林限界を過ぎると眺望が一機に開け気持ちよい。

北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳連峰など全て見える。

高山植物も多彩になってきた。

ウサギギク(写真)、トウヤクリンドウ、ミヤマダイコンソウ、チングルマ、コオニユリ、チシマキョウなどなど・・・。

仙丈小屋を過ぎた所で道端に可愛い死体を発見、ヒメヒミズだ。

仙丈岳頂上直前の稜線で怖い程の強風にあおられ、730分に頂上着。

東側に日本一高い富士山と二番目の北岳が揃い踏みだった。

頂上の足元ではミヤママンネングサがひっそりと黄色い花を咲かせていた。

帰路は小仙丈岳経由で尾根道を下り、1145分北沢峠着、甲府の駅には15時少し前にバスが着いたが36℃という一変した猛暑に襲われてしまった。

2007819_2

観察した野鳥は以下の通りです。

イワヒバリ

カヤクグリ

ルリビタキ

ウグイス

メボソムシクイ

コガラ

ヒガラ

ホシガラス

ハシブトガラス

ギンリョウソウ   

ヤマガラシ         

イワオトギリ      

イワベンケイ      

ウサギギク         

ウラジロナナカマド         

オオバノヨツバムグラ      

カニコウモリ      

キバナノコマノツメ         

クルマユリ         

クロクモソウ      

コケコゴメグサ   

ゴゼンタチバナ   

コバノイチヤクソウ         

シロウマオウギ   

シロバナヘビイチゴ         

セリバシオガマ   

センジュガンピ   

タカネグンナイフウロ      

タカネスイバ      

タカネツメクサ   

タカネナデシコ   

タカネヒゴタイ   

タカネビランジ   

チシマギキョウ 花

チングルマ         

ツマトリソウ      

トウヤクリンドウ             

トモエシオガマ   

ハクサンイチゲ   

ハクサンフウロ   

ホソバトリカブト             

マルバダケブキ   

ミソガワソウ      

ミヤマアカバナ   

ミヤマアキノキリンソウ   

ミヤマゼンコ      

ミヤマダイコンソウ         

ミヤマダイモンジソウ      

ミヤマハタザオ   

ミヤマホツツジ   

ミヤママンネングサ         

ミヤマミミナグサ             

モミジカラマツ   

ヤマオダマキ      

ヤマハハコ         

ヤマブキショウマ             

ヨツバシオガマ   

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2007.8.16

2007816

2007年8月6日、8時58分~9時37分 晴、31℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

赤坂見附交差点の気温表示が33℃の暑さ、鳥はいない。

セミの世界。

初めてクマゼミの声を聞く(上智大学桜並木でソメイヨシノにクマゼミ2匹声、他にアブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ多数)。

ガガイモ(写真)、センニンソウ咲き出す。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

スズメ   2

ハシブトガラス   4

アオスジアゲハ   12

ナミアゲハ          1

ヤマトシジミ       3

ウスバキトンボ   20

ギンヤンマ          2

コシアキトンボ   30

シオカラトンボ   5

アブラゼミ          7

クマゼミ              2

ツクツクボウシ   30

ニイニイゼミ       25

ミンミンゼミ       40

イノコズチ         

エノココグサ      

オオアレチノギク             

オオイヌタデ      

オシロイバナ      

オッタチカタバミ             

カイコウズ         

ガガイモ             

カラスウリ         

キツネノマゴ      

キョウチクトウ   

センニンソウ      

タチアオイ         

ツユクサ             

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒメジオン         

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

メヒシバ             

ヤブガラシ         

ヤブミョウガ      

ヨウシュヤマゴボウ         

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山ムササビ2007.8.15

2007815

2007年8月15日、16時00分~19時20分 晴

群馬県館林で40.2℃を記録したという猛暑日に関東ふれあいの道(水鳥の道)を歩きました。

JR成田線下総松崎から印旛沼の甚兵衛渡まで5.6km

田んぼの中の道です。

全ての田んぼの稲は既に出穂していて、早いものはもう直ぐ収穫期を迎えるのか案山子が立てかけてありました(写真)。

観察した野鳥は以下の通りです。

チュウサギ

アオサギ

カルガモ

カワセミ

ヒバリ

ツバメ

ウグイス

セッカ

ホオジロ

カワラヒワ

スズメ

ナミアゲハ

ギンヤンマ

シオカラトンボ

ノシメトンボ

チョウトンボ

アゼガヤツリ      

イヌビエ             

オオニシキソウ   

クサネム             

ザクロソウ         

スベリヒユ         

ヒシ      

ヒレタゴボウ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山ムササビ2007.8.12

2007812_2 

2007年8月12日、16時00分~19時20分 晴

八王子・日野カワセミ会の高尾山でムササビを見る会ということで、16時に高尾山口駅に集合した。

集まった会員は20名弱。

連日35 を超える猛暑日の暑さの中、しかし高尾山では暑さの中にも時々吹く風は家の中では味わえない心地よさである。

ゆっくり、のんびり登っていったが、鳥の声はほとんど聞こえず、蝉の声のみがにぎやかだった。

薬王院で「レンゲショウマを見ながら待つこと1時間、7時過ぎにムササビが鐘楼からやっとお出ましになり、木に飛んで、枝先からまた鐘楼方面に飛び去った。

ほんの数分のショーであった。

鳥合わせ終了後は、更にムササビとフクロウと流星群を見た班と、飲み物と食べものを持って場所を変えて楽しむ班に別れた。

観察した野鳥は以下の通りです。

トビ

キジバト

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

クロツグミ

ウグイス

メジロ

スズメ

ハシブトガラス

ガビチョウ

ムササビ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*川町田んぼ2007.8.12

2007812

2007年8月12日、8時30分~10時35分 曇

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

稲は未だ出穂していない。

オナガ30羽の群が現れた。

オニヤンマの連結飛翔を観察。

雑木林の中はウバユリが大きな群落で開花していた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              2

カワセミ              2

キセキレイ          2

ヒヨドリ              6

シジュウカラ       4

メジロ   6

ホオジロ              2

カワラヒワ          2

スズメ   7

オナガ   30

ハシボソガラス   4

ハシブトガラス   4

コジュケイ          2

ガビチョウ          8

イチモンジセセリ              1

キチョウ              1

スジグロシロチョウ          2

ヒメキマダラセセリ          1

ミスジチョウ       1

ヤマトシジミ       10

オオシオカラトンボ          15

オニヤンマ          3

シオカラトンボ   40

ハグロトンボ       6

ムギワラトンボ   20

アブラゼミ          15

ツクツクボウシ   15

ニイニイゼミ       20

ヒグラシ              20

ミンミンゼミ       2

キリギリス          5

ウスバキトンボ   5

オオジシバリ      

カタバミ             

カヤツリグサ      

ツルボ   

トキワハゼ         

アカバナユウゲショウ      

クサギ   

クズ      

センニンソウ      

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

ニガナ   

ボタンズル         

マツカゼソウ      

ミズヒキ             

メヤブマオ         

ヨウシュヤマゴボウ         

ヤブラン             

オモダカ             

コナギ   

アキノタムラソウ             

イヌホオズキ      

イノコズチ         

ウバユリ             

オニドコロ         

オニノゲシ         

ガンクビソウ      

ナツズイセン      

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ヤマノイモ         

ヤマホトトギス   

イヌガラシ         

オッタチカタバミ             

ケキツネノボタン             

シロザ   

ヘクソカズラ      

キンミズヒキ      

キツネノマゴ      

エノココグサ      

ゲンノショウコ   

ツユクサ             

ヒメジオン         

ママコノシリヌグイ         

ヤブガラシ         

ユウガギク         

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2007.8.10

2007810_2

2007年8月10日、9時50分~13時50分 晴

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

1号路コナラの木の中が賑やか、じっと待って確認したらメジロたちであった。

ホトトギスの声を山頂で聞いた。

モミの木の下にマツグミの花が落ちていた。

蛇滝でイワタバコの花、終わりに近い(写真)。

黒いアゲハは止まってくれないのでクロアゲハかカラスアゲハかミヤマカラスアゲハか特定できない。

飛んでいてもすぐわかるモンキアゲハは3頭確認できた。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

ホトトギス          1

アオゲラ              3

コゲラ   2

ヒヨドリ              25

ミソサザイ          1

ウグイス              3

ヒガラ   4

ヤマガラ              6

シジュウカラ       8

メジロ   15

イカル   2

ハシブトガラス   18

ガビチョウ          2

アオスジアゲハ   4

キチョウ              5

クロアゲハ          1

コミスジ              2

スジグロシロチョウ          2

スミナガシ          1

ダイミョウセセリ              3

チャバネセセリ   1

ミスジチョウ       3

モンキアゲハ       3

モンキチョウ       5

ヤマトシジミ       10

アブラゼミ          35

ツクツクボウシ   10

ニイニイゼミ       45

ヒグラシ              10

ミンミンゼミ       5

アキノタムラソウ             

イノコズチ         

イワタバコ         

ウバユリ             

ウマノミツバ      

オトコエシ         

オニドコロ         

ガンクビソウ      

ギンミズヒキ      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

コマツナギ         

シロツメクサ      

セリ    

センニンソウ      

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

ツユクサ             

トウバナ             

ヌスビトハギ      

ノブキ   

ハエドクソウ      

ハグロソウ         

ヘクソカズラ      

マツカゼソウ      

マツグミ             

ミズキ   

ムラサキニガナ   

メヤブマオ         

ヤブマメ             

ヤブレガサ         

リュウノヒゲ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2007.8.10

2007810

2007年8月10日、8時30分~9時50分 晴

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

カワセミが駒木野病院前の小仏川でオナガの群とともにいてホバーリングによる採餌行動をとっていた。

駒木野公園脇で今年もソクズ(クサニワトコ)が咲いた。

ヤブランが梅の木の下で見事な群落開花だった。

ハグロソウ、キツネノカミソリ(写真)、ヌスビトハギが咲き出す。

ヤマニガナの花を始めて確認できた。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト              2

カワセミ              2

ツバメ   4

ヒヨドリ              8

シジュウカラ       6

メジロ   2

ホオジロ              2

スズメ   10

オナガ   10

ハシブトガラス   2

キチョウ              7

クロアゲハ          1

コミスジ              4

チャバネセセリ   3

ミスジチョウ       6

ヤマトシジミ       12

アキアカネ          1

オオシオカラトンボ          1

オニヤンマ          1

カワトンボ          1

ハグロトンボ       3

アブラゼミ          15

ツクツクボウシ   10

ニイニイゼミ       3

ミンミンゼミ       15

アキノタムラソウ             

アレチマツヨイグサ         

イノコズチ         

ウバユリ             

ウマノミツバ      

エノココグサ      

オオバコ             

オオブタクサ      

オトコエシ         

オニドコロ         

カタバミ             

キクイモ             

キツネノカミソリ             

キツネノマゴ      

ギンミズヒキ      

クサノオ             

クズ      

コアカソ             

セイヨウタンポポ             

セリ    

センニンソウ      

ソクズ   

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

ツユクサ             

ナンテンハギ      

ヌスビトハギ      

ノササゲ             

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハグロソウ         

ヒメジオン         

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ         

ミズタマソウ      

ミズヒキ             

ミゾソバ             

ムカゴイラクサ   

ムラサキニガナ   

メヒシバ             

メヤブマオ         

ヤブガラシ         

ヤブミョウガ      

ヤブラン             

ヤマニガナ         

ヤマホトトギス   

ユウガギク         

ヨウシュヤマゴボウ         

ヨツバムグラ      

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

鳥見歩る記(八幡町⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2007.8.9

200789

2007年8月9日、7時35分~7時55分 曇

コースは八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

鳥が少なかったが、駅に着くと駅ビルのソゴウデパート上空をチョウゲンボウ1羽が旋回飛翔していた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

チョウゲンボウ   1

ヒヨドリ              2

スズメ   4

ハシボソガラス   1

ドバト   10

| | コメント (0)

鳥見歩る記*谷津干潟2007.8.8

200788

2007年8月8日、10時45分~13時45分 晴

8月は「干潟」が鳥見スポットだ。

シギチドリ類の秋の渡りが早くも始まるからだ。

東京湾の谷津干潟に行ってみた。

ここはラムサール条約の登録湿地に指定されているが、いかにも狭い。

京葉線の南船橋で下車、歩いて干潟へ、現場着は1045分、潮が引いていたが、満ち潮に向って導水管から海水が流れ込んでいる。

干潟入り口付近で先ずセイタカシギが眼に入る。

今年巣立ったと見られる幼鳥を含む親子連れ、ダイサギ、アオサギが一緒だ。

カルガモ達は暑いのか日影に避難している。

キアシシギ、ウミネコ、ムクドリもいた。

谷津干潟公園に入り観察センターを通り過ぎ、一番奥の津田沼高校の方向へ。

屋根付き日影で昼食を食べながら観察。

バードウオチャーが数人来ていたが、平日のため人数は少ない。

メダイチドリ、キョウジョシギ、トウネンが多数いるなかにオオソリハシシギ、ウズラシギなどもいた。

涼しいところを求めて観察センターに入る。

65歳以上は入館料が半額だ。

レンジャーの話ではオバシギが来ているとの事であったが見つけることが出来なかった。ソリハシシギが眼の前にいて、この日に観察できたシギチドリは12種であった。

観察した野鳥は以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

コチドリ

シロチドリ

メダイチドリ

ダイゼン

キョウジョシギ

トウネン

ウズラシギ

キアシシギ

イソシギ

ソリハシシギ

オオソリハシシギ

セイタカシギ

ウミネコ

キジバト

ツバメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

鳥見歩る記2007.8.7(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

200787

2007年8月7日、736~755分 晴

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

国道16号交差点近くのマンション前の百日紅が満開となっていた(写真)。

先月咲いていたいちょう公園のムクゲが未だ咲いていた。

ヒマアマツバメとイワツバメはJR八王子駅で営巣しているもの。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              1

イワツバメ          2

ドバト   3

ヒメアマツバメ   4

ツバメ   8

スズメ   8

ヒヨドリ              12

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2007.8.6

200786

2007年8月6日、8時58分~9時37分 晴、31℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

季節は鳥の世界からセミの世界へ変わった。

ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミがの競演でツクツクボウシも数匹混じって鳴いていた。

秋の七草クズも花を着け(写真)、日影ではヤブミョウガも咲いていた。

キツネノマゴも咲き出し、紀尾井坂信号辺りの歩道ではカナヘビ1頭に出合った。

赤坂見附交差点の気温計は31℃を表示、弁慶濠ではコシアキトンボが飛んでいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

シジュウカラ       2

スズメ外堀通り   4

スズメ   8

ハシブトガラス外堀通り   1

ハシブトガラス   4

ドバト外堀通り   2

キアゲハ              1

ナミアゲハ          1

カナヘビ              1

ウスバキトンボ   2

アオスジアゲハ   4

ツクツクボウシ   5

アカミミガメ       7

アブラゼミ          15

ヤマトシジミ       18

コシアキトンボ   20

ニイニイゼミ       25

ミンミンゼミ       35

アカツメクサ      

エノココグサ      

オオアレチノギク             

オオイヌタデ      

オッタチカタバミ             

オニドコロ         

カイコウズ         

カラスウリ         

キツネノマゴ      

クサギ   

クズ      

コマツヨイグサ   

シロザ   

タチアオイ         

タチチチコグサ   

ツユクサ             

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒメジオン         

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

メヒシバ             

ヤブガラシ         

ヤブミョウガ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2007.8.5

200785

2007年8月5日、9時26分~10時18分 晴

コースは多摩川右岸河原河口から48km地点で「多摩川自然観察路」の看板が立っているところです。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

カイツブリ親1+子3羽がワンド釣堀池のいた。

雛が親と同じ大きさになっていて、騒がしく親のあとをついていた。

同じ池の株の影にバンの巣立ち雛1羽がひっそり佇んでいた。

ヤナギの幹の樹液のところのカナブンニがいるところにコムラサキ1頭がきていた(写真)。

200785_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ          4

トビ       1

バン       1

ツバメ   2

ヒヨドリ              2

モズ       1

ウグイス              1

セッカ   1

シジュウカラ       6

メジロ   2

スズメ   4

コジュケイ          2

ガビチョウ          4

コムラサキ          1

ヒメキマダラセセリ          1

チャバメセセリ   2

キタテハ              3

ヤマトシジミ       3

キチョウ              5

オニヤンマ          1

ショウジョウトンボ          1

ギンヤンマ          2

コシアキトンボ   4

ムギワラトンボ   7

ミヤマアカネ       20

ハグロトンボ       20

シオカラトンボ   27

ツクツクボウシ   1

アブラゼミ          2

ニイニイゼミ       4

キリギリス          4

カナブン              10

アカツメクサ      

アレチウリ         

アレチマツヨイグサ         

エノココグサ      

オッタチカタバミ             

ギシギシ             

シロツメクサ      

セリ    

ツユクサ             

ヒメジオン         

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ         

ヤブガラシ         

ヤブラン             

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

鳥見歩る記*高月水田 2007.8.5 

200785 

2007年8月5日、8時55分~11時46分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

ツバメが電線に20羽以上集まって来た。

カルガモ、アオサギが稲の中にいて急に飛び出し驚かされる。

ダイサギもイネの上からちょこっと顔だけ出していた。

毎年アイガモが活躍する田んぼがあり、今年もこの田んぼの稲の出穂が始まりました(写真)。

アイガモも大きく育っています(写真)。

稲が出穂するとお役御免で田んぼからだされることでしょう。

セッカ♂1羽が休耕田の上を飛んでいた。

ショウジョウトンボ、オオシオカラトンボが稲の上を飛んでいた。

キリギリスが鳴きだした。

200785_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              5

コサギ   1

アオサギ              4

カルガモ              2

キジバト              1

ツバメ   35

ハクセキレイ       4

セグロセキレイ   2

モズ       1

セッカ   1

スズメ   35

ハシボソガラス   2

キアゲハ              1

チャバメセセリ   1

イチモンジセセリ              2

ナミアゲハ          2

モンキチョウ       2

モンシロチョウ   5

ベニシジミ          16

ヤマトシジミ       95

オオシオカラトンボ          1

ショウジョウトンボ          1

ノシメトンボ       1

ウスバキトンボ   2

コシアキトンボ   5

ムギワラトンボ   21

ミヤマカワトンボ              55

ハグロトンボ       45

シオカラトンボ   75

アマガエル          2

キリギリス          7

アカツメクサ      

アカネスミレ      

アレチマツヨイグサ         

イヌガラシ         

ウシハコベ         

エノココグサ      

オオアレチノギク             

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オオバコ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

コウゾリナ         

シマスズメノヒエ             

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリ    

ツユクサ             

トキワハゼ         

ハキダメギク      

ヒメジオン         

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

メヒシバ             

ヤブガラシ         

ヤブラン             

ユウガギク         

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

鳥見歩る記*日本農業実践学園2007.8.4

200784

2007年8月4日、5時30分~11時00分 晴

水戸市にある日本農業実践学園で開催した「先生方の農業体験学習、子供達の虫取り遊び」に参加してきました。

夏休みを利用して、小中学校の学校の先生方を対象とした「農業体験研修」が今年も8月3日(金)~4日(土)に行われました。

学園内の田んぼの稲も出穂が始まり、用水路脇にはノカンゾウの花が咲いていました。

また、同時に夏休みの時期に日本農業実践学園では近隣の子供達に呼びかけて、学園内で虫取り体験をさせています。

今の子ども達は捕虫網の使い方が下手で、また捕まえた虫が怖くて触れない子がいるなど問題がありそうです。

虫といえばカブトムシとクワガタしか興味な無い子もいるという。

それでも田んぼの用水路からアメリカザリガニを捕まえてくる子もいました。

200784_2

観察した野鳥は以下の通りです。

コサギ

キジ

キジバト

ヒバリ

ツバメ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ウグイス

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

イチモンジチョウ

キチョウ

ツバメシジミ

ナミアゲハ

モンシロチョウ

ヤマトシジミ

ウスバキトンボ

シオカラトンボ

ノシメトンボ

ムギワラトンボ

アブラゼミ

ニイニイゼミ

ミンミンゼミ

ナガコガネグモ

アマガエル

トウキョウダルマガエル

ギシギシ花

コンフリー花

セイヨウタンポポ花

ツユクサ花

ノカンゾウ花

ハエドクソウ花

ハキダメギク花

ヒメジオン花

ヒルガオ花

ヘクソカズラ花

メヒシバ花

ヨウシュヤマゴボウ花

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

鳥見歩る記*田園調布小学校野鳥観察指導2007.8.1

200781

2007年8月1日、9時30分~11時50分 晴

世田谷区立田園調布小学校から夏休み親子野鳥観察指導を依頼された。

子供達を付き添いのPTA合わせて20名数名というので、もう一人八王子・日野カワセミ会のY氏にお願いして2人で行った。

学校は東横線田園調布駅の直ぐ近くにあり、実際の野鳥観察は隣り駅の東急多摩川駅まで歩いて行き、せせらぎ公園と多摩川台公園で行った。

真夏のためか鳥はあまりいない。

目立ったのはスズメの巣立ちヒナ、ムクドリの群と多摩川台公園から見た多摩川の流れの中のカワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ程度だ。

ハシブトガラスがすこぶる多い。

カラスが多過ぎて鳥が寄り付かないのかもしれない。

昼前に学校に戻り、見た鳥をまとめたら13種だった。

子供達にとっては13種も見られたと大喜びのようであったが、身近な所にこれだけの鳥がいながら、親も子も学校の先生もその鳥に気づいていないのだなということがよくわかった。

観察した野鳥は以下の通りです。

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

キジバト

ツバメ

シジュウカラ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

| | コメント (0)

鳥見歩る記*三浦半島ツバメ集団ねぐら湘南国際村2007.7.28

2007728_3 

2007年7月28日、18時00分~24時00分 晴

照明された竹にツバメ約1,000羽の集団ねぐらを観察した。湘南国際村センターは「緑陰滞在型の宿泊研修施設」で三浦半島大楠山の北西側の山の上に作られたホテル形式の施設。施設の中庭に浅い池が作られていて、その隣りに園芸種と見られる竹が「株立ち状」に植えられていて、その竹の下側には夜間、照明がされていた(照明は深夜は消されていた)。たまたま合唱団鯨の合宿練習でここに来て、観察できた。

2007728_4
 1845分頃にツバメが集まり出し、上空を乱舞、竹に止まり、離れて飛び立つ行動を繰り返し、19時までに竹に入った。竹の上側の細い茎や葉に止まっていた。ガラス窓越に3-5m位の距離から観察できる環境で、フロントの係りの人に聞いてみたが、ここにツバメの集団ねぐらが形成されていることも、何年前からあったかということも全く知らなかった。このねぐら場所にはツバメの巣もあり、雛が巣中にいた。池では昼真ツバメが水浴にもきていた。
ハクセキレイも10羽程集まって来て、竹にねぐら入りした。どちらかといえばハクセキレイのねぐらにふさわしい環境で、ツバメのハクセキレイ化現象のような感じがした。

| | コメント (0)

鳥見歩る記*葉山町上山口⇒棚田⇒湘南国際村センター2007.7.28

2007728_2

2007年7月28日、9時45分~11時40分 晴

合唱団鯨の合宿地である三浦半島葉山町湘南国際村センターまで、逗子駅から上山口小学校まで橋で行き、そこから約4kmを歩いた。

歩き仲間を募ったところ3名の参加があり、4人の道中となった。

バスを降り、近くのお寺巡りのために渡った小さな小川、カワセミがいるのではないかと思ったら、本当にカワセミがいた。

このコースには棚田があるというので、歩いてみたかった。

杉山神社にお参りして、直ぐその裏に棚田が広がっていた。

規模は大きくないが、手入れが行き届いていて気持ちがいい。

畦の草が綺麗に刈り込まれている。田んぼの隅にミソハギがあり、綺麗に咲いていた。その田んぼの稲をよくみると1株だけ出穂して稲の花が咲いていた。

ホトトギス、ウグイス、ホオジロのさえずりを聞きながら湘南国際村センターに着いたのは1140分だった。

観察した鳥は以下のとおりです。

カルガモ

トビ

キジバト

ホトトギス

カワセミ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ホオジロ

スズメ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

アオスジアゲハ

コミスジ

ジャコウアゲハ

ナミアゲハ

ギンヤンマ

ニイニイゼミ

アキノタムラソウ花

ナツズイセン花

ホタルブクロ花

ミソハギ花

| | コメント (0)

鳥見歩る記*秋川の多摩川合流付近2007.7.27

2007727

2007年7月27日 10分~19時0分 

秋川の多摩川合流地手前にツバメ集団ねぐら調査に行った。

懐中電灯を持ってねぐら入場所の確認が目的である。

ツバメが集まり出す前の明るい時間は高月水田で生きものを観察、ハキダメギクの写真をとった。

1845分になり、ツバメは急に増え出した。

秋川と多摩川の上流方面から次々にやって来て、200羽を超える集団となった。

最初のうちは高月水田の上空を集団で旋回し、19時過ぎると秋川の水面上低く飛び出した。

暗くなって懐中電灯を照らしてねぐら入りしたツバメを探した。

京浜河川事務所の管轄境界を示す看板の前の河原でヨシ又はオギに止まっているツバメ2羽を確認した。

その他の多くのツバメは堤防からは確認できなかったが、19時過ぎまで確認できたので、付近のどこかにねぐら入したものと推察される。

観察した結果は以下のとおりでした。

コサギ

アオサギ

カルガモ

トビ

キジ

カワセミ

ツバメ

キセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ウグイス

スズメ

コジュケイ

ガビチョウ

| | コメント (0)

鳥見歩る記*オオムラサキ長坂2007.7.24

2007724 2007年7月24日、0分~1時30分 

オオムラサキを見に八王子・日野カワセミ会の有志で山梨県長坂に行った。

中央線長坂駅で下車、日野春駅まで約10kmを歩くコース。

なだらかな起伏の雑木林を抜け、田んぼの中を歩く。

昨日までの梅雨空から晴天に変わったが、適度な風があり爽やかだ。

長坂駅南側の小さな雑木林で早速オオムラサキ4頭に出会う。

身の回りにもオオムラサキが飛んで来て、何と私のズボンに止まり、飛び立ったと思ったら今度はシャツに止まってくれた。

コーススタート地の山梨県立農業大学校の雑木林で賑やかに鳴くのはアオゲラだった。

深沢橋当りがオオムラサキの中心地、数は多いが翅を広げて止まってくれないので写真にならない。

深沢橋から赤い実の着いた植物があった(写真)。

聞くとクマヤナギという。

赤い実は昨年開花したもので今年の花は今咲いている。

2年分が同時に見られる植物だ。

ノシメトンボが多い。

至るところに出没している。

ヤブカンゾウの花にも止まっていた(写真)。

深沢橋を渡ったところでモズを発見、口に餌をくわえている。チゴモズだった。近くに雛のいる巣があるらしい。

田んぼは全てイノシシ除けの電気牧策に囲まれていて、田んぼに近づけない。

コースの後半、田んぼの青空にチョウゲンボウが出現。

羽をひらひらさせながら集落の方へ消えて行った。

2007724_2

観察した鳥は以下のとおりです。

チョウゲンボウ

キジバト

ホトトギス

カワセミ

アオゲラ

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

ヒヨドリ

チゴモズ

モズ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

スズメ

ハシブトガラス

オオミスジ

オオムラサキ

コミスジ

ジャノメチョウ

スジグロシロチョウ

ツバメシジミ

テングチョウ

ヒメアカタテハ

ベニシジミ

ミスジチョウ

モンシロチョウ

2007724_3

オオシオカラトンボ

オニヤンマ

シオカラトンボ

ノシメトンボ

ミヤマアカネ

ハグロトンボ

ハラビロトンボ

リスアカネ

アブラゼミ

ニイニイゼミ

ヒグラシ

ミンミンゼミ

アオカナブン

カバキコマチグモ

クマヤナギ花、赤い実

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »